製造拠点を東南アジアに設けたいと考えたとき、タイやインドネシアと並んで多くの企業に選ばれているのがベトナムです。勤勉な国民性で向上心に富み、また親日的でもあることも進出先としての大きな魅力でしょう。しかし、ベトナムへの進出には特有のリスクも伴います。この点について、株式会社アイ・グローカルの實原享之氏に語ってもらいました。

気になる見出しをクリック

2,500社以上の日系企業が進出するベトナムの魅力

ベトナムに進出したIT企業に課された莫大な追徴課税

ベトナムの税務調査は日本よりも厳しい!?

大きな負担の覚悟が必要となるベトナムからの撤退

駐在員のコストは年収の2.3~2.5倍

NTTコミュニケーションズの駐在員が語るベトナムの通信事情

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード