Bizコンパス

グローバルITガバナンス確立のために何をすべきか
2018.03.07

実践に学ぶグローバルIT戦略第1回

グローバルITガバナンス確立のために何をすべきか

著者 Bizコンパス編集部

相手にとってのメリットを打ち出せているか

 このような問題を起こさないために、赤神氏が重要だと話すのはコミュニケーションの質です。もちろん、多くの企業において本社と各拠点のIT部門において、メールや電話でやり取りを行ったり、あるいは定期的にレポートを提出してもらったりといったことは行われているでしょう。しかし赤神氏は、それでは不十分だと言います。

「ガバナンスを効かせるためには、ガバナンスに取り組むことが各現地法人の人たちにとってどのようなメリットがあるのかを理解してもらうことが重要です。本社の言うことに従うことでどんなメリットが得られるのか。たとえば仕事が非常にスムーズに進むであったり、新しいキャリアパスが描けたりといった現地法人の担当者にとってのメリットを語るわけです。その上で、IT環境はこうあるべきある、それによって君たちにもこういうメリットがありますと伝えて進めていくことが近道になります」

 逆に、駄目なパターンとして赤神氏が説明したのは「本社でこういうふうに決まったから、それに従いなさい」とトップダウンでコントロールするやり方です。特に昨今では、日系企業においても海外の売上比率が高いといったことが珍しくありません。このような場合、日本の本社が決めたことだからと言われても、素直に従えないでしょう。

 さらに現地法人の担当者とメールや電話でやり取りしたり、あるいは定期的にレポートを提出してもらうといった活動だけでは不十分だとします。

「出張でも出向でも、それが難しければテレビ会議でもいいのですが、しっかり相手の顔を見ながらコミュニケーションを図らないと、お互い何を考えているのかを理解できないですよね。同じバックグラウンドを共有していればメールや電話でも意思疎通ができるかもしれませんが、現地法人はそうとは限りません。だから顔を見て話すことが大事なんです」

業務領域毎のグローバルITマネジメント
IT-BCM 全体傾向

SHARE

関連記事

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

2017.10.20

クラウドERPで実現するグローバル生販在の見える化

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

2017.02.17

スピード経営に求められるIT基盤とは

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

グローバルにIT統合を推進する旭硝子の選択とは

2015.04.24

グローバルビジネスの課題解決に挑む!

グローバルにIT統合を推進する旭硝子の選択とは

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

2019.04.10

ビジネススピードを加速するIT基盤第20回

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

東南アジアのベンチャー企業が日本のピッチイベントに参加する理由とは

2019.03.06

新たなイノベーションはアジアから始まる第2回

東南アジアのベンチャー企業が日本のピッチイベントに参加する理由とは

オープンイノベーションの糸口は東南アジアスタートアップ

2019.02.14

新たなイノベーションはアジアから始まる第1回

オープンイノベーションの糸口は東南アジアスタートアップ

IT運用の在り方が、ビジネスの成長を左右する

2018.10.03

DXを加速させるITシステムの運用改革第3回

IT運用の在り方が、ビジネスの成長を左右する

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

2018.09.19

モード1のクラウド化を推進せよ後編

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

2018.06.29

ビジネススピードを加速するIT基盤第16回

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

進出先として人気のベトナムの魅力と意外なリスク

2018.06.20

実践に学ぶグローバルIT戦略第3回

進出先として人気のベトナムの魅力と意外なリスク

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

2018.06.15

DXを加速させるITシステムの運用改革第2回

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所