2017.11.01 Wed

 1977年の日本初の静止気象衛星「ひまわり」の打ち上げから、今年でちょうど40年。以来、ひまわりは世代交代しながら日本、アジア、西太平洋エリアの気象衛星観測を行い、世界中に気象衛星観測データの提供を行っています。現在稼働中の「ひまわり8号・9号」は、「ひまわり6号・7号」の後継機として設計された世界最先端の観測能力を有する静止気象衛星です(ちなみに2機編成となっているのはひまわり8号が観測運用衛星、ひまわり9号が待機衛星(バックアップ)を担う冗長構成になっており、平成34年ごろには、ひまわり9号を観測運用衛星として稼動させる計画です)。現在の「ひまわり8号・9号」では、地上回線での気象衛星観測データの提供において商用クラウドサービスを利用しているのをご存じでしょうか。

気になる見出しをクリック

撮影する気象衛星観測データが約50倍になり、衛星での配信が限界を迎える

途切れないデータ提供を重視、衛星・地上回線の一元提供が可能に

商用クラウド活用に成功!今後は気象データを利活用する試みも

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード