2017.10.20 Fri

 製造業において海外に生産拠点を求める動きが加速してから数年が経過し、いまや拠点のITシステムや基幹業務を統一・標準化し、グループ全体としての業務効率アップを図ろうとする企業が増えています。グローバルに事業を展開する新電元工業の電装事業本部では、共通のERPパッケージを各拠点に導入することにより、国内外の生産拠点を結ぶグローバルSCMの構築を進めています。導入の背景や採用されたERP、IT基盤、導入によって得られた具体的効果などを紹介していきます。

【新電元工業株式会社について】

 1949(昭和24)年に設立され、パワー半導体やスイッチング電源など、パワーエレクトロニクスを主な領域として事業を拡張してきた新電元工業株式会社(以下、新電元工業)。現在は、半導体や電装部品、電源部品などの事業を柱として、独創的な技術を生かした製品を幅広く提供しています。海外進出にもいち早く取り組み、アジア圏を中心としてグローバルに生産や販売の拠点を展開しています。半導体技術、回路技術、実装技術を併せ持つ世界でもまれなメーカーとして、環境問題への貢献をはじめ、今後の活躍がますます期待されています。

気になる見出しをクリック

個別構築されていた拠点の基幹システムを統一したい

経営や業務の視点で入念に構想定義を行う

アジア地域におけるサポート体制を評価しIT事業者を決定

BCPの視点からクラウド基盤を選択

在庫管理やBCPにおいて導入効果が得られる

グローバル標準テンプレートの80%には変更を加えない

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード