クラウドサービスは、CPUやメモリ、ストレージといったサーバーリソースを提供するIaaS、IaaSにOSやミドルウェア、開発環境などを加えたPaaS、そしてアプリケーションソフトウェアをサービス化したSaaSに大別されます。これまで3つサービスの中で目立っていたのはIaaSやSaaSでしたが、デジタルトランスフォーメーションの時代を迎えて急速にPaaSの注目度が高まっています。そこで企業のPaaS活用の支援で多くの実績を持つPivotalジャパンの市村友寛氏に、PaaSが注目される背景や、PaaSを実現するプロダクトである「Cloud Foundry」について伺いました。

気になる見出しをクリック

大手自動車会社での採用が続く「Cloud Foundry」

DevOpsやマイクロサービスといった最新のトレンドに対応

クラウドネイティブアプリケーションの開発を支援する取り組み

Cloud Foundryがもたらす新たな価値の創造

モード2のシステムが求めるインフラの要件

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード