Bizコンパス

なぜあの企業はITインフラの刷新を遂行したのか!?
2018.02.16

ビジネススピードを加速するIT基盤第11回

なぜあの企業はITインフラの刷新を遂行したのか!?

著者 Bizコンパス編集部

 昨今、企業が抱えるITインフラの課題として「事業拡大に伴うシステム数の増大によりIT基盤が複雑化している」「SaaSやクラウドの利用範囲の拡大に、ITインフラが追従できていない」などが挙げられます。過去に設計したITインフラを引きずり、その場しのぎの対応を続ければ、ITインフラはますます複雑化し、コストやセキュリティリスク増大だけでなく、ビジネスの発展を阻む要因となりかねません。では、企業のITインフラをどのように変えていけばいいのでしょうか。

動画再生
動画コンテンツA

<ITインフラ再構築にあたり、特に意識したいポイント3つ>
・「ゴールを見据えて、今するべき投資は何か」をしっかり計画する
・IT環境全体を見据えた「運用業務の改革」を同時に行う
・インターネットやクラウドを最大限活用し、最新技術もうまく採り入れる

 こうしたITインフラおよび運用業務を見直し、効率的なIT環境を手に入れたのが宿泊業で急成長するA社と、製造業のB社です。それぞれのITインフラ刷新プロジェクトについて、詳しく見ていきましょう。

SD-WANの採用でインターネット利用拡大に対応したA社

(1)事業の急成長に追いついていなかったITインフラ

 A社は15年ほど前に設立された企業ですが、宿泊施設を各地に積極的に展開するようになった数年前から急速にビジネスを拡大しています。その際足かせとなっていたのがITインフラでした。

 従来のITインフラはビジネスが成長する前に構築されたものが核となっていて、新たな宿泊施設のオープンに合わせてネットワークを追加するなど、その時々の状況に応じて更新されていました。A社の場合は事業の拡大が急だったため、その場しのぎの対応をせざるを得なかったわけです。

 事業拡大に伴い、徐々にITインフラの問題がビジネスの領域にまで及ぶようになります。その一例として、インターネット向けのトラフィックの増大が挙げられます。同社ではセンター拠点にインターネットにアクセスするための接点を設け、各拠点からはインターネットVPN経由でアクセスする形を採用していました。しかしSaaSであるGoogle Appsの導入などによってトラフィックが増大し、リアルタイムコミュニケーションツールとして提供されているGoogle ハングアウトが使えず、コミュニケーションに支障が生じるといった問題が発生していたのです。

 そこでA社は以前から付き合いがあったNTTコミュニケーションズの担当者に声を掛け、どのようにITインフラを刷新すればよいのかを相談したといいます。まず将来的に目指すあるべき姿を一緒に練り上げました。その上で、検討したあるべき姿に向かうために、現状をどうすべきか、今するべき投資は何かを固めていったのです。

 その結果採用されたのが、SD-WANに含まれるトラフィックの可視化とローカルブレイクアウトと呼ばれる仕組みです。

 

(2)「トラフィックの可視化」と「ローカルブレイクアウト」の採用

 SD-WANはソフトウェア技術を使ってWANを最適化する技術であり、これを利用することでネットワークに対するさまざまな課題に対処することが可能となります。このSD-WANで実現していることの1つが「NWフロー情報」を使ったトラフィックの可視化で、どのアプリケーションがどのような通信を行っているのかを容易に把握できます。A社は各拠点がどのような通信を行っているのかを可視化するために、この技術を利用することを決めました。

 またローカルブレイクアウトとは、特定のトラフィックのみ拠点から直接インターネットにアクセスすることを実現するものです。

 ローカルブレイクアウトの仕組みを利用すれば、安全だと判断できるクラウドサービスなど、特定のトラフィックを拠点から直接インターネットに流すことで、VPN回線やセンター側の負担を軽減することが可能です。

 A社はこのローカルブレイクアウトを利用し、通常のインターネットアクセスやセンター側のシステム利用には従来から使われていたインターネットVPNを利用し、特定のSaaSについてはバックアップのために用意していた別のインターネット回線を利用することにしました。これにより、懸案だったGoogle ハングアウトも利用できるようになり、拠点間のコミュニケーションに役立てられています。

A社システム構成図(更改前)

A社システム構成図(更改後)

 

(3)「高度運用業務」のアウトソースがカギ

 さらにA社では、NTTコミュニケーションズが提供する運用支援サービスである「Global Management One」も採用しています。ここで注目したいのは、死活監視や単純なメンテナンス作業、設定変更などの業務だけをアウトソースしたのではないという点です。

 具体的には、他社のサービスや機器まで含めて運用業務をNTTコミュニケーションズに一元化したほか「高度運用業務」と呼ばれる領域までアウトソースしています。高度運用業務とは、日々の運用結果からわかるお客さま社内の現状や技術的なトレンドを見極め、将来を見据えた検討や新たな技術の実装などを行う業務を指します。そのような業務をアウトソースすることで、将来的なインフラのアップデートについてもNTTコミュニケーションズの知見やノウハウを活用できるという状況を整えています。

運用業務の種類

「Global Management One」運用スコープ

SHARE

関連記事

人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

2017.09.06

ビジネススピードを加速するIT基盤第3回

人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

どう使う?「SD-WAN」活用術をユースケースで解説

2017.02.22

乗り遅れるな!2017年、見極めたいICTの大波第3回

どう使う?「SD-WAN」活用術をユースケースで解説

Software Defined技術で実現する“事業変革”

2017.08.23

ビジネススピードを加速するIT基盤第1回

Software Defined技術で実現する“事業変革”

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

2017.02.17

スピード経営に求められるIT基盤とは

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

2019.04.10

ビジネススピードを加速するIT基盤第20回

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

2019.03.27

セキュアなリモートアクセス環境を構築する手法第1回

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

2019.03.15

ビジネススピードを加速するIT基盤第19回

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

利便性とセキュリティを兼ね備えた「セキュアドPC」ができるまで

2018.11.21

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第7回

利便性とセキュリティを兼ね備えた「セキュアドPC」ができるまで

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

2018.09.14

“インターネットが遅い”を解消!!

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

クラウドへの移行で検討したい「4つの選択肢」

2018.08.24

モード1のクラウド化を推進せよ前編

クラウドへの移行で検討したい「4つの選択肢」

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側

2018.07.20

インターネットサービスを支えるネットワーク基盤

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側