「SAP ERP」を中心とした基幹系システムのクラウド化において、欧米において高い評価を得ているのがVirtustreamのサービスです。同社のサービスはグローバルで250以上の企業に導入されているほか、創業初期より「SAP HANA Enterprise Cloud」のグローバルプレミアムサプライヤーに認定されるなど、SAP社からも信頼を得ています。そのVirtustreamのサービスについて同社の坂本環氏、Virtustreamと提携してサービスを展開するNTTコミュニケーションズの西原創太郎氏にお話を伺いました。

気になる見出しをクリック

基幹システムの移行で求められるクラウドサービスの見極め

グローバルで250以上の企業がVirtustreamを活用

コスト最適化を実現するVirtustreamの独自技術「μVM(マイクロブイエム)」

SAPの将来のロードマップやポートフォリオにも追随

事前検討から導入支援、運用監視までトータルでサポート

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード