NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

SAP ERPのクラウド移行はICT基盤刷新の大チャンス
2017.12.01

ビジネススピードを加速するIT基盤第7回

SAP ERPのクラウド移行はICT基盤刷新の大チャンス

著者 Bizコンパス編集部

SAPの将来のロードマップやポートフォリオにも追随

 基幹系システムをクラウド化する場合、リソース不足によるレスポンスの低下などを避けるため、ある程度の余裕を持たせてサーバープランを選択することが一般的でしょう。しかし、それではサーバースペックに余剰が生まれてしまい、料金の無駄が発生してしまいます。一方、実際に消費したリソースに対してのみ請求されるVirtustreamであれば、コストの適正化が図れます。Virtustreamの坂本環氏は、「μVMは我々が特許を取得した極めて特徴的な部分であり、これによって多くのお客さまがTCOを削減しています」と述べました。

 このように特徴的な料金体系でサービスを提供しているだけでなく、SAP社との強力なパートナーシップのもと、サービスを展開していることも強みとなっています。

 「SAP社では、SAP HANA Enterprise Cloudとしてクラウドサービスを提供していますが、それを下支えしているのが、全世界で5社のグローバルプレミアムサプライヤーです。Virtustreamはその中の1社であり、SAP社のクラウドサービスを支えています。またERPに派生し、IoTプラットフォームである『SAP Leonardo』にどうつなげるかといったことも将来的には視野に入るでしょう。VirtustreamはSAP社と密に連携し、SAPソリューションの将来のロードマップ、ポートフォリオにも責任を持って追随していきます」(坂本氏)

SHARE

関連記事

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

2017.10.20

クラウドERPで実現するグローバル生販在の見える化

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

いま一度考えたい! ERP環境の最適化

2016.03.09

5年先、10年先を見すえたERP環境を考える

いま一度考えたい! ERP環境の最適化

製造業のグローバル拠点が抱える課題を解決するIoT

2016.09.28

製造業必見!グローバルを勝ち抜くためのERP戦略前編

製造業のグローバル拠点が抱える課題を解決するIoT

ハイブリッドICT時代の基幹システム専用クラウド活用

2017.09.20

ビジネススピードを加速するIT基盤第4回

ハイブリッドICT時代の基幹システム専用クラウド活用