Bizコンパス

ハイブリッドICT時代の基幹システム専用クラウド活用
2017.09.20

ビジネススピードを加速するIT基盤第4回

ハイブリッドICT時代の基幹システム専用クラウド活用

著者 Bizコンパス編集部

基幹系システム専用クラウド【特長2】まさに使った分だけ課金、真の従量課金制を可能にした「μVM」

 サービスのアーキテクチャーにも工夫が凝らされています。一般的にパブリッククラウドでは、原則としてシェアードアーキテクチャーの中で仮想ファイアウォールの組み込みも利用者の設計次第となりますが、本サービスでは、用途別にゾーンが物理的に独立し、ゾーン間のトラフィックも必ずファイアウォールを通過するアーキテクチャーで、高い信頼性とセキュリティを実現しています。

 料金体系にも特長があります。一般的なパブリッククラウドでは、選択したインスタンスのタイプの利用時間によって料金が定まります。その利用時間の中に使用率が低いアイドリング状態があっても、インスタンスタイプごとに定められた料金を支払わなければなりません。

 一方、Enterprise Cloud for SAPソリューションでは、実際のリソース使用量を自動的に計測し、その使用した分だけを課金対象とする、真の従量課金制となっています。これを可能にしているのがVirtustream社の特許技術である「μVMテクノロジー」であり、これはCPUやメモリなどの利用量をチェックし、課金単位である「μVM」に変換します。このような課金体系のため、あらかじめ過剰なリソースを確保しておく必要がなく、コスト最適化が図れるというわけです。

新サービスの特徴/経済性(μVM課金)

 デジタルトランスフォーメーションの時代を迎え、現在のIT部門がモード1とモード2の双方に適切に対応することを考えたとき、全システムを1つのクラウド基盤で運用するのではなく、基幹システム向けには最適化されたクラウドを選択することで安定運用やコスト削減を図りつつ、Software Defined(SD)技術をインフラに組み込んでハイブリッドICT環境をマネジメントしやすくすることが鍵となるのではないでしょうか。

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

SHARE

関連記事

製造業のグローバルIT整備を成功に導く「6カ条」

2016.10.07

製造業必見!グローバルを勝ち抜くためのERP戦略後編

製造業のグローバルIT整備を成功に導く「6カ条」

【まとめ】クラウドERPの市場動向・メリット・事例

2017.04.07

徹底解説!基幹系システムのクラウド移行第14回

【まとめ】クラウドERPの市場動向・メリット・事例

老朽化、見える化、クラウド化…基幹システムの課題

2016.12.21

解決策がここにある!IT部門のお悩みスペシャル第3回

老朽化、見える化、クラウド化…基幹システムの課題

ERPクラウド化を成功させたサッポログループの選択

2016.07.29

徹底解説!基幹系システムのクラウド移行第13回

ERPクラウド化を成功させたサッポログループの選択

「2025年問題」を見据えたSAP ERP環境はどう構築すればいいのか

2019.08.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第19回

「2025年問題」を見据えたSAP ERP環境はどう構築すればいいのか

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

2019.06.12

DXを加速させるITシステムの運用改革第5回

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

2019.01.09

基幹システムのクラウド化とグローバルネットワーク

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

2018.09.19

モード1のクラウド化を推進せよ後編

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

2018.06.29

ビジネススピードを加速するIT基盤第16回

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

2018.01.24

基幹システムで実現する働き方改革

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか