複数のクラウドサービスの利用やデジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みの強化などで進む、企業のIT環境の高度化・複雑化。運用管理の対象となるシステムが増大する中、IT部門は全体最適化の観点も求められるようになっています。ある企業でクラウドの利用状況を把握する取り組みを行ったところ、管理部門で把握している10倍ものリソースを使っていたことが判明するという事例もありました。

 日本全体における労働力不足も看過できません。この先、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、定年を先延ばししても労働力としてカウントできなくなる「2025年問題」が待ち受けています。運用業務が高度化する一方で、対応できる人材の絶対数が限られてくることから、IT部門における運用人材の不足は深刻さを増しているのです。

 デジタルトランスフォーメーションをはじめとする新たな潮流に対応するために限られた人員を割り当てる必要があり、従来のような人手に頼った運用では、すぐに行き詰まってしまうでしょう。いま必要なのは「IT運用業務の改革」です。では、具体的にどのように取り組んでいけばいいのでしょうか。

気になる見出しをクリック

マルチクラウドの利用増によるIT環境の複雑化

デジタルビジネス推進に向けた運用改革の必要性

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード