Bizコンパス

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか
2019.10.25

ビジネススピードを加速するIT基盤第22回

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

著者 Bizコンパス編集部

 自動車用の排出ガス浄化用触媒などを製造する株式会社キャタラーは、国内(静岡県)に1カ所、海外7カ国に生産拠点を構えています。同社は、グローバル全拠点のシステムの統一化を目指すプロジェクト「i-Cataler2020」において、新たなITインフラ構築を図ります。

 そのネットワークとして選ばれたのが、NTTコミュニケーションズ株式会社の「Arcstar Universal One」でした。同社が掲げたi-Cataler2020の概要や、新たなITインフラのネットワークに求められた要件などについて、株式会社キャタラー 情報システム部の吉田理朗氏にお話を伺います。

【株式会社キャタラーについて】

 1967年設立。以来50年間、触媒と活性炭により、空気や水を浄化する新しい環境技術を開発し、世界のお客様に提供。特にハイブリッドカー用触媒、ガソリン・ディーゼル車用触媒などの自動車排出ガス浄化用触媒では、世界トップレベルの技術を誇る。

グローバルでの事業拡大をサポートするためのプロジェクト「i-Cataler2020」

 ガソリンおよびディーゼル車、さらにはハイブリッドカー用の排出ガス浄化用触媒において国内トップシェアを誇り、グローバルでも世界トップレベルの技術を誇っているのが株式会社キャタラー(以下、キャタラー)です。

 排ガスによる環境汚染を防ぐため、有害物質を排出しない独自の触媒技術を開発した同社の技術は「キャタラー品質」として高く評価されており、2015年には総合品質管理の進歩に貢献した民間の団体および個人に授与される「デミング賞」を、そして2018年には「デミング賞大賞」を受賞しています。

 そのキャタラーでは、2025年までに自動車用触媒のグローバル拡販を目指す「グローバルビジョン 2025」を策定しています。この戦略をITの側面から下支えし、グローバル全拠点でのシステムの統一化を目指すプロジェクトが「i-Cataler2020」です。

 i-Cataler2020の概要について、キャタラー 情報システム部の吉田理朗氏は次のように話します。

「i-Cataler2020は、スクラッチで開発しているグローバル生産管理システムである『G-CPS』、IoTの技術を活用して各工場の製造状態のリアルタイム管理をする『i-Factory』などグローバル全拠点で共用する複数のシステムから成り立っています。これらのシステムを運用するためのインフラとして、新たにグローバルIT基盤を構築する必要がありました」

SHARE

関連記事

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

過去にうまくいかなかった人にも見てほしい「最新クラウド導入方法」

2019.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第17回

過去にうまくいかなかった人にも見てほしい「最新クラウド導入方法」

DX実現のために乗り越えるべき“クラウド導入の壁”とは

2019.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第16回

DX実現のために乗り越えるべき“クラウド導入の壁”とは

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

2018.12.21

複雑化するマルチクラウド環境をどう構築すべきか

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

法人向け5G市場は推進派と静観派に二分–IDCが見解

2020.04.09

IT&ビジネス最新ニュース第3回

法人向け5G市場は推進派と静観派に二分–IDCが見解

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

2020.04.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第21回

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

DXが進まないのは、一般道にレーシングカーを走らせているから

2020.04.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第37回

DXが進まないのは、一般道にレーシングカーを走らせているから

AWS導入を成功させるには、3つのフェーズの攻略がカギ

2020.04.03

DXを加速させるITシステムの運用改革第20回

AWS導入を成功させるには、3つのフェーズの攻略がカギ

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

2020.03.04

テレワーク導入の“壁”を解決

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

2020.01.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第18回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」

2019.12.20

これからの時代に求められるデータ利活用第1回

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」