Bizコンパス

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか
2019.10.25

ビジネススピードを加速するIT基盤第22回

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

著者 Bizコンパス編集部

災害対策のさらなる強化に向けてマルチクラウド化を推進

 そしてArcstar Universal Oneの導入は無事に完了し、すでにMicrosoft Azure上で稼働しているシステムへの接続に利用されているほか、「Azure Active Directory」および「Azure AD Connect」を用いた「Office 365」のためのActive Directory環境の統合、さらにIoT機器からのデータ収集などに使われています。これらの用途で実際に利用した上で、吉田氏はArcstar Universal Oneのネットワーク品質の高さを評価しました。

「Active Directoryでの通信でトラブルが発生したことはなく、またIoT機器からのデータ収集においてもデータが欠損するといったことはありません。そのような実績から、Arcstar Universal Oneは信頼できるネットワークサービスだと実感しています」

 現在、当初の想定よりも多くのシステムがMicrosoft Azureに移行し、Arcstar Universal One経由で使われるようになったことから、アクセス回線の帯域幅の拡張も検討されているとのこと。さらに今後はIT環境の安定稼働に向けて、インフラ全体の監視を強化していきたいと吉田氏は語りました。

「IT基盤としてクラウドを積極的に利用するようになったことで、チェックすべきポイントがオンプレミスのころよりも増えたと感じています。クラウド環境では単一障害点がいくつもあり、低いレイヤーからしっかりチェックしていかなければなりません。そのうえ、複数のクラウドサービスを利用するのは必須ですので、マルチクラウド環境の一元管理も行っていきたいと思います。ですから、全体を監視できる環境を整えることが今後の重要な課題だと認識しています」

 さらに今後は、Arcstar Universal One の海外拠点拡大を行うとともに、NTT Comのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」を利用し、BCMのさらなる強化を図っていきたいと吉田氏は語ります。IT環境における災害対策を含めたBCMを考えていく上で、キャタラーのこうした取り組みは大いに参考になるのではないでしょうか。

SHARE

関連記事

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

過去にうまくいかなかった人にも見てほしい「最新クラウド導入方法」

2019.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第17回

過去にうまくいかなかった人にも見てほしい「最新クラウド導入方法」

DX実現のために乗り越えるべき“クラウド導入の壁”とは

2019.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第16回

DX実現のために乗り越えるべき“クラウド導入の壁”とは

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

2018.12.21

複雑化するマルチクラウド環境をどう構築すべきか

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

2020.03.04

テレワーク導入の“壁”を解決

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

2020.01.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」

2019.12.20

これからの時代に求められるデータ利活用第1回

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」

「少ない予算でもイノベーションは起こせる」NTT Comラボの事例を紹介

2019.12.06

デジタルトランスフォーメーション最前線第4回

「少ない予算でもイノベーションは起こせる」NTT Comラボの事例を紹介

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第13回

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

2019.11.01

DXを加速させるITシステムの運用改革第12回

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる