いま、多くの企業が事業の根幹となる基幹系システムをクラウド環境に移行する取り組みを進めています。とりわけグローバルエリアで事業を展開することが多い製造業では、この傾向が顕著に表れているようです。オンプレミスからクラウドへ移行する要因や、移行により得られるメリット、移行時に押さえておきたいポイントなどについて、製造業に特化したSaaS型クラウドERPを提供する国内大手ベンダー、インフォアジャパン株式会社にお話を伺いました。

【インフォアジャパン株式会社について】

 インフォアは、世界中に90,000社を超える顧客を持つ、エンタープライズソフトウェアプロバイダーであり、戦略的なテクノロジーパートナーです。インフォアが提供するソフトウェアは、あらゆる生産形態や業界によって異なる商習慣や業務要件に特化した機能をあらかじめ組み込んだソリューションを提供することで、人、モノ、金およびネットワーク間の進歩をサポートします。インフォアジャパン株式会社は、インフォアの日本法人として、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。

気になる見出しをクリック

なぜERPはオンプレミスのままではダメなのか

マルチクラウドにおけるERP実装の留意点

複雑化する『閉域接続』対策が成功のカギ

原則、ERPの運用はアウトソースで考える

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード