NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは
2018.06.29

ビジネススピードを加速するIT基盤第16回

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

著者 Bizコンパス編集部

原則、ERPの運用はアウトソースで考える

 現在、日本企業の多くがIT部門の人材不足という慢性的な課題を抱えています。とりわけERP、基幹系システムの人材難は、かなり深刻だとシソン氏は語ります。

「オンプレミスのERPを導入したIT部門の担当者が高齢化しており、軒並み定年を間近に控えた状況にあります。経営者は若い人材をバックオフィス業務に回すより、もっとビジネス改革に直結する業務に配置したいと考えます。こうした流れからERPの運用をアウトソースするお客さまが増えています」

 矢島氏は、ERPシステムの運用をアウトソースができる点もCSIMのポイントの1つだと説明します。

「当社には、クラウドオペレーションを担当する専任のプロがいます。クラウドの領域をお貸しするだけではなく、ITILに準拠したオペレーションのもとで最適なパフォーマンスの確保やデータ容量の増減、CPUパワーの強化などが提供できることもCSIMの強みです」

 今回の協業によりアウトソースの領域が拡大できたことは大きな収穫だったとシソン氏は振り返ります。

「ERPだけではなく、ネットワークの領域までをアウトソースしてはどうですかとご提案しています。システムのトラブルのみならず、万一、ネットワークが落ちてもきちんと対応してもらえる安心感は、お客さまにとっても大きな魅力になるでしょう」

 現在、日本国内ではグローバルエリアに事業を展開する複数の大手製造業でCSIMの導入が進んでいます。実稼働すれば、SaaS型クラウドERPによるマルチクラウド接続のモデルケースとして話題になるのではないでしょうか。繰り返しになりますが、マルチクラウドの実現ではERP、クラウド、ネットワークの3点を抑えた構築が重要になります。そこをトータルにカバーできる、オペレーションまで託せるパートナー選びこそが成功の指標となるかもしれません。

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

SHARE

関連記事

製造業のグローバルIT整備を成功に導く「6カ条」

2016.10.07

製造業必見!グローバルを勝ち抜くためのERP戦略後編

製造業のグローバルIT整備を成功に導く「6カ条」

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

2018.01.24

基幹システムで実現する働き方改革

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

2017.10.20

クラウドERPで実現するグローバル生販在の見える化

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

クラウドERPの導入に踏み切ったオリバーの選択とは

2015.10.07

徹底解説!基幹系システムのクラウド移行第7回

クラウドERPの導入に踏み切ったオリバーの選択とは