NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは
2018.06.29

ビジネススピードを加速するIT基盤第16回

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

著者 Bizコンパス編集部

マルチクラウドにおけるERP実装の留意点

 グローバルエリアで事業を展開する製造業の顧客からの要望を受けて、インフォアではいち早くSaaS型クラウドERPソリューションを世に送り出してきました。昨年、日本国内でも大規模組み立て製造業向けSaaS ERP「Infor CloudSuite Industrial Machinery」(以下、CSIM)の提供を開始しています。これは産業用機械や大型設備機器、電子機器といった製造業向けのクラウドアプリケーションとしてパッケージ化されたものです。財務管理、サプライチェーン、生産管理、品質管理といった製造業で必要な機能で構成され、ERPが地域ごとにサイロ化しないようマルチサイトにも対応しています。

 オンプレミスからクラウドへの移行にあたり、課題の1つとなるカスタマイズにも配慮したパッケージになっていると同社の矢島孝安氏は説明します。

「従来のオンプレミスでは自由にカスタマイズして自社センターで運用できたのですが、クラウドではカスタマイズできる範囲に制限があります。そこで、あらかじめお客さまの業種・業態に特化したさまざまな機能を搭載することでノンカスタマイズでも十分にお使いいただける製品に仕立てています。さらに、併せて移行やバージョンアップにおいても支障がない専用カスタマイズツールを提供していますので、安心してご利用いただけます」

 クラウドへの移行にあたり、安全性も重要なポイントです。CSIMは、AWS(Amazon Web Service)上で初期投資を大幅に削減できるサブスクリプションモデルで提供されます。シソン氏はAWS選定の理由を次のように説明します。

「多くの機密情報を扱う製造業のお客さまは、まずデータの安全性を気にされます。そこで高い信頼性が担保できることを前提として、カスタマイズの自由度が高いシングルテナントであるAWSを選びました。もちろん、臨機応変に必要な部分にリソースを割り振れるフレキシビリティかつスケーラビリティの高いオペレーションができる点も評価しています」

 そしてシソン氏は、マルチクラウド形態における、クラウド型ERPの実装にあたって留意点を次のように説明しました。

「実はクラウドサービスのレイヤーで重要になるのがネットワークです。世界各地に地域に分散するマルチクラウドを閉域接続するには高度な専門技術が必要になるため、その領域を補ってくれるパートナーを探す必要があったのです」

【コラム】インフォアの事業戦略

 インフォアでは「ウエディングケーキ」というユニークな事業戦略を掲げており、この戦略に沿ってCSIMは開発されています。これは5階層のレイヤーで構成され、下から2番目に「クラウドサービス」が位置します。ここにSaaS型クラウドERP導入の明暗を合分ける最大のポイントがあるとシソン氏は明かします。

インフォアの事業戦略「ウエディングケーキ

 インフォアの強みである「業界特化アプリケーション」を土台に、AWSとの協業による「クラウドサービス」、社内外のプロセスをシームレスに追跡できる「ビジネスネットワーク」、プロセスの改善を推進する「データサイエンス」、そして製造の自動化、効率化に向けたAIによる「新しい価値」で構成されている。CSIMを導入することで、このウエディングケーキのすべてソリューションが利用できる。

SHARE

関連記事

製造業のグローバルIT整備を成功に導く「6カ条」

2016.10.07

製造業必見!グローバルを勝ち抜くためのERP戦略後編

製造業のグローバルIT整備を成功に導く「6カ条」

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

2018.01.24

基幹システムで実現する働き方改革

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

2017.10.20

クラウドERPで実現するグローバル生販在の見える化

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

クラウドERPの導入に踏み切ったオリバーの選択とは

2015.10.07

徹底解説!基幹系システムのクラウド移行第7回

クラウドERPの導入に踏み切ったオリバーの選択とは