NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

新機軸のプライベートクラウド「Azure Stack」とは
2018.03.09

ビジネススピードを加速するIT基盤第13回

新機軸のプライベートクラウド「Azure Stack」とは

著者 Bizコンパス編集部

 これまで主にオンプレミスからの“移行先”として利用されてきたクラウドですが、昨今PaaSやSaaSが急速に進化したことで、その優れた機能をオンプレミスなどのプライベートな環境でも活用したいというニーズが生まれています。これはクラウドを“場所”ではなく“モデル”として捉え、それを活用することでプライベート環境においてもシームレスで効率的なアプリケーションの開発や運用を可能にするという考え方です。それを実現するソリューションとして、マイクロソフトは「Microsoft Azure Stack」を提示しています。本記事では、Microsoft Azure Stackの特長について解説しつつ、ハードウェアやインフラに求められる要件についても解説していきます。

クラウドの利便性をオンプレミスでも

 企業におけるクラウド活用の事例において、これまで中心的な存在となっていたのは、CPUやメモリ、ストレージといったサーバーリソースをサービスとして提供するIaaSです。たとえば既存システムをクラウドに移行するといった場面で、IaaSで提供されている仮想サーバーを利用し、その上に既存システムのOSから上のレイヤーを載せ替えるといったケースです。

 しかし最近では、アプリケーションの実行環境をサービス化したPaaS、あるいはアプリケーションそのものを提供するSaaSが急速に進化し、アプリケーションの開発スタイルや利用形態が大きく変わりつつあります。PaaSを利用すれば、サーバーのセットアップやOS・ミドルウェアのインストールなどを行わず、根幹となるアプリケーションの開発に集中できます。すでに自社の求めるアプリケーションがSaaSとして提供されているのであれば、そもそも開発すら必要ありません。

 このように、クラウドの世界において新たな開発モデルやアプリケーションの利用形態が生まれているのであれば、それをオンプレミスなどのプライベート環境で使いたいというニーズが生まれるのは当然でしょう。業種や業態、扱うデータによってはインターネット上で利用者が共用するパブリッククラウドが使えないほか、レイテンシーや接続環境の問題からWANを介さずにシステムを使いたいといったケースもあるためです。

 このようなニーズを満たすために、マイクロソフトがリリースする新たなソリューションが「Microsoft Azure Stack」です。これはパブリックなクラウドである「Microsoft Azure」で実現されているクラウドモデルをプライベートなICT環境で利用するためのものであり、パブリッククラウドを使わずにクラウドならではのアプリケーションの開発と利用を可能にします。

SHARE

関連記事

AWSやAzureの閉域接続に潜むトラブルを回避せよ!

2017.11.17

解決策がここにある!IT部門のお悩みスペシャル第4回

AWSやAzureの閉域接続に潜むトラブルを回避せよ!

“攻めのIT”を実現する「Cloud Foundry」解説

2017.10.13

ビジネススピードを加速するIT基盤第6回

“攻めのIT”を実現する「Cloud Foundry」解説

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

2018.01.24

基幹システムで実現する働き方改革

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

OpenStackで作るプライベートクラウドの「実力」

2016.10.21

クラウドネイティブの新常識「OpenStack」とは後編

OpenStackで作るプライベートクラウドの「実力」