これまで主にオンプレミスからの“移行先”として利用されてきたクラウドですが、昨今PaaSやSaaSが急速に進化したことで、その優れた機能をオンプレミスなどのプライベートな環境でも活用したいというニーズが生まれています。これはクラウドを“場所”ではなく“モデル”として捉え、それを活用することでプライベート環境においてもシームレスで効率的なアプリケーションの開発や運用を可能にするという考え方です。それを実現するソリューションとして、マイクロソフトは「Microsoft Azure Stack」を提示しています。本記事では、Microsoft Azure Stackの特長について解説しつつ、ハードウェアやインフラに求められる要件についても解説していきます。

気になる見出しをクリック

クラウドの利便性をオンプレミスでも

Microsoft Azure Stackが提供する価値

Azure Stackの柔軟な活用を実現するハードウェアの姿

グローバル全体最適の視点で考えるAzure Stackに最適なインフラ

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード