NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

インテックがネットワークを一元提供する狙いとは
2018.02.28

ビジネススピードを加速するIT基盤第12回

インテックがネットワークを一元提供する狙いとは

著者 Bizコンパス編集部

顧客層の拡大で目標値を上回るヒットに

 2015年6月に構築に着手し、10月に社内利用でのトライアル利用を開始、まもなく安定して利用できる環境が整い、ファーストユーザ獲得に至ります。満を持してセールスを開始したものの、当初は苦戦を強いられます。神保氏は当時の苦労を振り返ります。

「既存のお客さまをDCANに置き替えるのではなく、DCANのメリットを訴求できる新規のお客さまを探すところから始めました。長年ネットワークを提供してきたプロの事業者として、新たな需要の開拓は重要です。しかしお客さまや社内の営業に、従来の個別手配によるネットワーク再販とDCANの違いをなかなか理解してもらえませんでした。お客さまの拠点からサービスまでを一元提供でき、高い信頼性で「EINS WAVE」と接続できるDCANの持つメリットを社内外に啓蒙活動して、ようやく1年後あたりから軌道に乗ってきました」

 啓蒙活動が功を奏し、DCANの売り上げは次第に増加。提供開始から3年で契約数は目標値を突破。これは同社が想定していた年間1,000回線程度の目標値を大きく上回る結果です。しかも大半がリプレイスではなく新規導入であることを考えれば、かなり大きな成果と言えるでしょう。このヒットの理由を神保氏は以下のように分析します。

「導入が加速した一因は、DCANがTISインテックグループのデータセンターに広がったことです。これまでにもグループでの協業はあったのですが、統合された通信基盤をベースに私たちとグループ会社が互いのサービスプラットフォームを、異なるエリアや用途で販売できるようになったことが大きいと思います」

各種サービスを1つのバックボーンへ統合できる「DCAN」

 たとえば、インテックが提供するIaaS「EINS/SPSシリーズ」は、大半の顧客がセットでDCANを導入していると言います。またデータセンター構内からAzure、AWSといったパブリッククラウドサービスへの接続も増大しています。さらにDCANでの拠点間接続に加え、東京と大阪のデータセンターでIaaSを契約して冗長化するケースも増えており、BCP、DR対策を強化するソリューションとして根付きつつあります。

 鍛原氏はサービスを提供する側にも大きなメリットが生まれたことを実感しています。

「DCANを自社構築していちばん良かったのは、能動的なアクションが取れるようになったことです。たとえば、お客さまの厳しい納期を受けてモバイル回線で暫定的に接続し、次に本丸の専用線を引き込むようなことが柔軟にできるようになりました。これまではキャリアさんに問い合わせなければ判断できなかったことが、私たちの判断で迅速に対応できるようになったことは大きいですね。サービス利用を前提としたネットワークを提供し、ワンストップで運用するという攻め方ができるようになりましたので」。もちろん一元提供によりシステム全体の構成が可視化できたため、故障切り分け、復旧対応がスムーズになったことは言うまでもありません。

SHARE

関連記事

“誰でも使えるIoT&AI”で社会課題に挑むビーサイズ

2017.04.11

ヒト・モノの現状を、クラウドで見守るロボット

“誰でも使えるIoT&AI”で社会課題に挑むビーサイズ

キリン堂が構築した事業競争を勝ち抜くネットワーク

2017.02.24

チェーンストアの事業戦略を支えるITインフラを構築

キリン堂が構築した事業競争を勝ち抜くネットワーク

怒涛の出店戦略を支えるコメリ流IT基盤のつくり方

2016.04.01

事業を支える情報系ネットワークを刷新

怒涛の出店戦略を支えるコメリ流IT基盤のつくり方

Criteoのアジア進出の基盤となったITインフラとは

2016.07.22

アドテク先端企業の事業拡大を支えるインフラを構築

Criteoのアジア進出の基盤となったITインフラとは

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

企業が「With/Afterコロナ」で検討すべきIT投資とは?

2020.06.03

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第6回

企業が「With/Afterコロナ」で検討すべきIT投資とは?

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

2020.05.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第27回

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

2020.05.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第5回

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

2020.04.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第21回

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

2019.10.25

ビジネススピードを加速するIT基盤第22回

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

2019.10.02

IoTを活用してビジネス価値を創造する第3回

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記