企業のネットワークにおける通信量の増大と、柔軟性を欠くネットワーク構成は、将来のITインフラをデザインする上で大きな問題となっています。複数のSaaS利用、海外拠点との通信の増加、IoTやビッグデータの活用など、ネットワークへの負荷は高まるばかりです。ところが、運用を外部ベンダーに任せきりにしてきたことでブラックボックス化しているうえ、ネットワークやハードウェアにスキルを持つ社員がいないため、前述の問題を解決できず、デジタルトランスフォーメーションへのシナリオが描けない、といった事態に陥ってしまうのです。このような現状を打破する手立てはあるのでしょうか。

気になる見出しをクリック

なぜいま、ネットワークを「所有」から「利用」へと変えるのか?

Software Defined技術を活用してネットワークを効率化

“SD-WAN”“ローカルブレイクアウト”という解決策

Software Defined技術の導入ステップとパートナー選び

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード