NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

データサイエンティストに求められる3つの能力とは
2021.04.02

注目を集める「データサイエンティスト」の将来第1回

データサイエンティストに求められる3つの能力とは

著者 塩崎 潤一

「データサイエンティスト」という仕事が注目を集めています。

 データサイエンティストとは、大量のデータを分析し、ビジネスシーンにおいて価値を生み出す役割を持った人材のことです。企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)が進む中で、大量のデータが取得できるようになり、データをビジネスに活用することを目的に、データサイエンティストの重要度が高まってきました。

 今回の連載では、データサイエンティストの現状、および将来像について整理します。

今、なぜデータサイエンティストなのか

 データサイエンティストが注目される理由は、デジタル化の進展にともないビッグデータが取得できるようになったことが大きな要因ですが、その他にもいくつかの要因があります。

 第一に、企業側の意識が大きく変化したことです。ビッグデータ自体は以前からあったのですが、近年は「データを使って戦略立案をしよう」という意識が高まってきました。それまでは感覚や勘に頼っていた意思決定を、データに基づいて判断しようという企業が増えてきました。これには、AmazonやGoogleなどの巨大IT企業が、データサイエンスを用いることで大きくなっていたことが背景にあり、今後もさらに、データ活用の意識は高まっていくと考えられます。

 次に、機械学習や因果推論など、ビジネスに応用できる理論が普及したことも大きいでしょう。ビッグデータの世界では、昔のように単純に平均をとって終わりということはなくなりました。統計的にも高度な分析を用いることで、企業の意思決定を支援できるようになりました。データをもとにした意思決定が迅速にできるようになったことで、データサイエンスの価値がさらに高まりました。

 また、人材供給の面でも充実してきたことも要因としてあげられます。ビッグデータを扱ったことがある技術者が増加したことや、大学における教育面が充実したことで、データサイエンスに取り組める人たちが増えてきました。データサイエンティスト協会などの業界団体も充実してきており、人材の確保・育成の面で後押しをしています。

 おそらく、今後もデータサイエンティストに対する注目度は高まっていくでしょう。その背景には、新型コロナをきっかけとしたデータサイエンスによる感染者予測などの数理モデルの浸透、デジタル庁の開設による公的機関のデータ分析ニーズの高まり、大学でのデータサイエンス学部の積極的な設立などがあります。データサイエンスをとりまく環境は、今後も、ますます活性化していくと考えられます。

関連キーワード

SHARE

関連記事

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第4回

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

顧客に会えない時代に、どうすれば商談を作れるのか?

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第3回

顧客に会えない時代に、どうすれば商談を作れるのか?

今こそ営業戦略にあったデジタルマーケティングを!NTT Comデジマ事例

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第2回

今こそ営業戦略にあったデジタルマーケティングを!NTT Comデジマ事例

デジタルとリアルを掛け合わせれば、顧客体験の価値は最大化できる

2021.03.12

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第2回

デジタルとリアルを掛け合わせれば、顧客体験の価値は最大化できる

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

2021.02.17

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第1回

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

2021.02.12

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第19回

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

2021年に押さえておきたい8つのアナリティクス業界トレンド

2021.02.08

IT&ビジネス最新ニュース第107回

2021年に押さえておきたい8つのアナリティクス業界トレンド