NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ世界中がスマートシティに取り組んでいるのか?欧州、米国、アジアの状況と特徴
2021.02.05

Well-Beingを最大化するスマートシティとは第1回

なぜ世界中がスマートシティに取り組んでいるのか?欧州、米国、アジアの状況と特徴

著者 石丸 希

各国がしのぎを削るも、成功事例はいまだナシ

「スマートシティ」という用語は、10年ほど前から使われるようになりました。社会に最初に浸透し始めた2010年前後には、エネルギー分野を中心に特定分野を対象とした取り組みが主流でしたが、近年では交通・観光・防災・健康・医療・エネルギー・環境など、複数分野を包括的に連動・最適化する分野横断型の取り組みにシフトしてきています。

 スマートシティは、道路・建築物・輸送・都市インフラなどのハードウエアから、センシング・通信・サービス・運営・デザインなどのソフトウエアまで、まちづくり全般にわたる包括的な総合産業であり、その市場規模は2023年に1895億米ドル(約20兆円)に拡大すると推計されています。※2

(※2 IDC Japanは2019年7月16日、世界のスマートシティイニシアティブに対する支出額予測を発表した。最新版の「Worldwide Smart Cities Spending Guide」では、2023年に支出額が1895億米ドルに拡大すると予測している)

 しかし、サステナブル(持続可能な発展)な意味での成功事例は世界でもまだなく、分野横断型のスマートシティも存在しているとは言い難い状況です。そのため、世界中の国や都市で、巨大テクノロジー企業などが中心となってスマートシティ事業にしのぎを削っています。

関連キーワード

SHARE

関連記事

欧州スマートシティの成功は、企業がデータを独占しなかったから

2021.02.03

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第58回

欧州スマートシティの成功は、企業がデータを独占しなかったから

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第18回

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第17回

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

2021.01.21

IT&ビジネス最新ニュース第100回

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

2020.12.01

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

今後さらに便利な世の中へ。IoTでは何ができる?

2020.12.01

DX推進に必要なテクノロジー

今後さらに便利な世の中へ。IoTでは何ができる?

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー