NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」
2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

著者 Bizコンパス編集部

なぜ、KOMATSUは終身雇用を守る伝統的企業なのにDXに成功したのか

―― 日本の大企業がDXで成功するための示唆をいただけないでしょうか

 日本の大企業でDXに成功した代表例は、KOMATSUです。KOMATSUは大企業で、終身雇用を守る伝統的な企業でありながら、DXで世界的な成功を収めた事例として高く評価できます。KOMATSUは他社より圧倒的に早い2001年に「KOMTRAX(IoTによる遠隔稼働管理システム)」を始めたことが幸いし、他社が真似したくても、追いつけない独走状態をつくりました。

 成功のポイントは2つあります。1つは、自社の競争力を上げるのでなく、顧客の価値を徹底的に高めたことです。顧客の建機を遠隔で稼働管理したり、工務店の効率化を図ったり、建設会社の計画リードタイムを短くしたり、顧客の競争力を上げる方向でDXを推進しました。

 顧客の建設会社は、工事現場によってはKOMATSU以外の建機や作業車、ダンプカーを使うので、自社だけでIoT化しても効率化にならないのです。それがわかっていたKOMATSUは、自社の建機をワンオブゼムと位置付け、他社の建機に後付けで通信モジュールを搭載できるようにし、すべてのデータをひとつのプラットフォームで一元管理できる環境づくりを目指したのです。

 この取り組みは、競合メーカーを助けている面もありますから、戦略矛盾が生じ、共食いが起きるリスクがあります。当然、社内から「自社の建機が売れなくなる」という反対の声も出たはずです。それでも、踏み切ったことがKOMATSUの成功要因です。デジタル化の本質はデータ管理であり、データは自社だけで管理しても価値を生まないとわかっていたのです。

 もう1つのポイントは、オープンイノベーションです。DXの取り組みは自社だけでは完結できません。データビジネスもデータ解析もやったことがなかったKOMATSUは、経験や技術を持つ会社やベンチャーと協力しなければ、「KOMTRAX」を成功させることはできなかったでしょう。

 顧客視点に立ち、オープンイノベーションで他社と共創する、その両方をやったからKOMATSUは、世界をリードするDX企業になったのです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

2021.05.24

シリコンバレー通信第37回

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

2021.05.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第65回

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」