NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

著者 Bizコンパス編集部

DXを推進して地球の環境負荷を減らし、SX(Sustainability Transformation)を実現する

 冒頭で舩生氏自ら述べているように、DXにベストプラクティスはなく、その取り組みは試行錯誤の連続にならざるを得ません。現在、進めている取り組みにおけるDX推進の課題を舩生氏に聞きました。

 「DXの本質は、つなぐ活動だと考えています。データをつなぐことはシステムをつなぐこと、システムをつなぐことは人・組織をつなぐことです。つなぐことを阻む最大の障壁はサイロ化です。これは、多くの企業が直面する共通の課題だと思います。

 いかにサイロを壊し、人と組織をつなぎ、システム統廃合によりデータ統合ができるか、それがDXの肝です。システムがバラバラな企業は、ほぼ間違いなく組織もバラバラです。結局一番難しいのは、人をつなぐことと、組織をつなぐことです。DXにおいても、これが最もチャレンジングなテーマになると考えています」

 舩生氏は、DXを推進した上での数年後の横河電機の姿を“バーチャルカンパニー”にしたいと展望を語ります。

 「社員が、いつでも、どこでも、どのようにでも仕事ができる環境を目指す。そういう時代を迎えたとき、社員はフィジカルな会社を意識しなくなり、ある意味で会社は“バーチャルカンパニー”になると考えています。

 我々が取り組んでいるインターナルDXの最終目標は、その“バーチャルカンパニー化”です。それを我々は、デジタルエンタープライズと定義しています。以前は、こういう話をしても理解していただけなかったのですが、コロナ禍でリモートワークを経験し、共感を得られやすくなりました。今後はそれを進めると同時に、お客様の“バーチャルカンパニー”化も支援していきたいと思います。

 将来的に、すべての企業がバーチャル化して、リアルタイムでつながれば、業務は飛躍的に効率化し、地球の環境負荷が軽減されて「SX:Sustainability Transformation」が実現します。それがDXを推進した先にある究極的な未来像だと思います」

※本記事は2021年3月時点の情報に基づき作成されています。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」