NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2021.03.24

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第62回

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

著者 Bizコンパス編集部

“3つの池”でデータ利活用を支援する

――データの利活用によってビジネス上のベネフィットを享受するために、どういった取り組みが必要になるのでしょうか。

小澤氏 まず、さまざまなデータを取り込む必要があります。自社の基幹システムに蓄積されている売上実績、あるいは顧客情報などです。これらのデータを統合的に分析できるようにしなければなりません。さらにデータの専門家だけでなく、たとえばサービスの開発部門の方がデータを参照し、その後のサービス改善に利用できるなど、誰しもが簡単にすばやくデータを活用できる環境を整えることも必要でしょう。

 しかしながら、“誰しもが簡単にデータを活用できる環境”を実現するのは容易ではありません。情報漏えいや個人情報保護の問題はもちろん、活用の精度を上げるためにはデータの品質を担保すること、またデータに対するガバナンスを確保することも重要です。

――企業におけるデータ利活用をサポートするために、インフォマティカではどのようなソリューションを展開しているのでしょうか。

小澤氏 企業には現在、データを扱うシステムが数多くありますが、それらのデータにアクセスする際に使う言語はさまざまです。たとえばメインフレームであればCOBOL、SAPに代表されるERPであればABAPなどです。

 またリレーショナルデータベースではSQL、ビッグデータの世界でメジャーなHadoopであればMapReduceという言語があります。さらにクラウドサービスで言えばRESTがあり、古くはSOAPが使われていました。

 このようにデータにアクセスする言語はさまざまで、それがデータ連携の複雑化をもたらしています。これを1つの技術、1つのETLツールで対応するのは容易ではありません。そこで我々は、ハブ&スポークと呼ばれる疎結合のデータ連携のアーキテクチャをコンセプトに、企業のデータ活用を支援しています。

 ハブ&スポークによる疎結合であれば、どのようなデータ連携パターンであっても、すべてのデータをハブでマネージすることが可能であり、ありとあらゆるデータを扱うことができます。データ統合ハブとして「配水池」があり、マスターデータ管理の「浄水池」、そしてデータレイク管理として「貯水池」があるというイメージです。

――マスターデータ管理とデータレイク管理の役割について教えてください。

小澤氏 たとえば顧客情報について考えたとき、売上の実績値に関してはERPパッケージ、見込み情報などはCRM、顧客のアクティビティログに関してはコールセンターで管理されていることが一般的です。

 こうした状況において顧客の興味関心を多角的に分析したい場合、これらすべてのシステムの情報を集約しなければなりませんが、いくつかのハードルがあります。特に問題になるのはシステムによってマスターが異なる点で、これを解決するためにはマスターの違いを吸収するための基盤が必要になります。当社のソリューションにおいて、その役割を担うのがマスターデータ管理を行う浄水池です。

 さらに企業全体でデータを活用するためには、データを分析できる人を増やしていく必要があります。そこでデータ活用に必要な技術スキルのハードルを下げる、当社は「データの民主化」と呼んでいますが、それを実現するのが貯水池であるデータレイク管理です。

 データのショッピングモールをイメージしていただけるとわかりやすいのですが、自社の商品や顧客に関する情報を検索すると、最適化されたデータがシステムから提示されて分析に使うことができます。さらにデータレイク管理においてユーザーごとの権限管理やデータが見られる範囲の制限を行うことで、ガバナンスを担保することも可能です。

――インフォマティカのソリューションを活用した事例を教えてください。

小澤氏 ある製薬業ではオンプレミスのシステムとクラウドをハブ&スポークでつなぎ、データ連携を実現しています。同社は基幹系システムとしてSAP ERP、顧客管理にはSalesforceベースのSaaSが使われていて、両方について知見を持つ人材がなかなかいませんでした。しかし、ハブ&スポークのアーキテクチャであれば、それぞれからハブにさえ接続すればよく、両方の知見がなくてもデータ連携が可能な点が評価されています。

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

2021.05.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第65回

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」