NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

著者 Bizコンパス編集部

OpenID Connectや多彩な認証に対応するID Federationを活用

 GビズIDの基盤構築にあたり、採用されたのがNTT Comの「ID Federation」です。Microsoft 365やGoogle Workspace、Boxなど各種クラウドサービスやオンプレミスへのシングルサインオンを実現するソリューションであり、豊富な認証プロトコルをサポートしていることが特徴です。もちろんOpenID Connectもサポートしています。

 NTT Comの「ID Federation」サービスでは、複数の認証要素を組み合わせて利用できるため、セキュリティを強化できるという利点があります。具体的にはIDとパスワードによる認証に加え、証明書やワンタイムパスワードを使った認証、さらには指紋や顔を利用した生体認証もサポートしており、GビズIDで求められた所有物認証(端末認証)にも対応しています。

 構築プロジェクトは、経済産業省とNTT Com、そしてNTTネオメイトが緊密に連携して進められました。経済産業省の布山剛氏はポイントとなったのはユーザーの登録プロセスだったと振り返ります。

経済産業省
情報プロジェクト室 室長補佐
布山剛氏

 「エンドユーザーの方に郵送していただいた書類をどのように処理するのかなど、登録プロセスの部分が重要であり、システムとシステム以外の動きを含めてトータルで考える必要がありました。そうした部分において、経済産業省としての要望を伝えつつ、NTT ComのテクノロジーチームおよびNTTネオメイトを中心とするオペレーションチームと擦り合わせして調整を進めました」

 こうして定義した登録プロセスを踏まえ、GビズIDの発行申請受付、審査、ヘルプデスクといった 一連の業務を実施可能な運用体制もNTT Comが提供することになりました。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す