NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる
2020.10.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第51回

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

著者 Bizコンパス編集部

常にネットワークに接続する自動車の安全をどうやって守るのか?

 コネクティッドカーは常にネットワークに接続するため、サイバー攻撃を想定したセキュリティ対策が求められます。

 「近年コネクティッドカーが急速に普及し、ICTを活用した新しい自動車技術・サービスが次々と生まれています。一方で、サイバー攻撃は日々高度化・巧妙化し続けているため、コネクティッドカーを見守り、早期に攻撃を検知・解析し、状況に応じた適切な対応をするためのセキュリティ技術が求められています。」(松田氏)

 NTT Comでは、2017年からデンソーと共同で、コネクティッドカーのセキュリティ対策として、車両に搭載されたセキュリティ機能の出力データを解析してサイバー攻撃を検知し、その影響範囲を特定する「車両向けセキュリティオペレーションセンター(以下、車両SOC)」を開発してきました。この2020年1月からは、実験環境における検証をスタートしています。

 「車両側で発生したセキュリティに起因するイベントを検知し、ログを車両SOCにて分析し、自動車メーカーにレポートをフィードバックします。自動車メーカーとも連携してドライバーの安心・安全に貢献することを目指し、現在、機能検証を進めています。10年以上にわたり、企業の情報システム部門向けにSOCサービスを提供してきたNTT Comの実績や知見を生かした取り組みとなります」(松田氏)

デンソーとの協業による車両向けSOCの機能検証

SHARE

関連記事