NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.08.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第43回

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

著者 Bizコンパス編集部

結果を出すためには「3つのステップ」が必要

 それでは、実際にどのようにしてDXを進めていくべきなのでしょうか。最終的なアウトプットプットはロードマップ化されています。左はWithコロナのToDo、右はAfterコロナのToBe、それぞれが継続と変革のアクションに分かれています。双方を中央のデジタルアクションで回していく構造になっています。

コロナ禍におけるDXジャーニー

 「この考え方を具体的にしたのが下記の図です。これは企業のDX担当者がワークシートを埋めながらフレームワークを作れるようになっています。最初にToDoとToBeを明確化して、どうデジタルを使うかという戦略を具体化し、最後はWBS(実タスク)まで落とし込めるようになっています」

「3ステップ」で実タスクに落とし込む

 これらの取り組みは、自社単独では労力も時間もかかります。スピード感を持って進めていくには先の台湾の事例にあったようにエコシステムや、オープンイノベーションによるスタートアップやベンチャー企業との連携は不可欠と言えるかもしれません。

 「余談ですが最近感銘を受けたのは『この2カ月で2年分のDXが進んだ』というマイクロソフトCEOナデラ氏の言葉です。私たちの持ち味は、スタートアップならではのスピード感です。実際にデジタルの知見を大手企業にインプットさせていただくことで、お客さまのDXに貢献しています」(大植氏)

 日本という国が台湾のようにデジタルを自在に駆使できるようになるにはまだ時間がかかるかもしれません。しかし、一企業であれば、適切なビジョンとデジタルへの知見を持つことで、DXを推進することが可能です。世界が劇的に変化している今こそ、その好機といえるのではないでしょうか。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す