NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方
2020.07.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第42回

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

著者 Bizコンパス編集部

欧州の主権を守るデータ連携基盤「GAIA-X/IDS」とは?

 コロナ禍を受けて、世界的にも国際標準のデータ流通プラットフォームを構築する動きが加速しています。その際にクリアにすべき問題点として挙げられるのが「セキュリティ」と「データ主権」(データの提供者や利用者の権利保護)です。

 まずセキュリティについては、セキュリティに関する法令や国際標準に準拠して不正アクセスやサイバー攻撃からデータやプラットフォームを守り、安全にデータを流通させる仕組みづくりが条件になります。

 そしてデータ主権については、各データにいつ、どこから、どの利用者がアクセスできるかといった条件を法令などに従って公正に管理する仕組みをつくることが求められます。たとえばアメリカの場合は、国家安全保障のために米国企業が管理するデータを開示させる法律(通称CLOUD法)などもあり、データ主権の観点からは、各国の政策にも目を向ける必要があります。

 このようなセキュリティとデータ主権という課題をクリアにするデータ流通プラットフォームの仕組みとして、ドイツとフランスが進めているクラウドプロジェクトが「GAIA-X」です。

 これは、IDS(International Data Spacesの略)と呼ばれるインタフェースを使って、欧州の企業や行政機関、市民の権利を守るためのデータ保護やオープン性、信頼性、データ主権などの機能を持つ相互運用性、相互接続性を保ったデータ流通プラットフォームの社会実装を目指すものです。国際標準化を目指すため対象地域は欧州に限らず、世界中に参加を呼び掛けています。

 「GAIA-Xの狙いは、アメリカなどによる法的なデータ開示要求から、欧州の持つデータ主権を守るためにヨーロッパ専用のデータ空間をつくることだと言われています。GAIA-Xは、データを1カ所に集約するのではなく、オンプレミスのコンピュータやクラウド上といった、利用者の環境に置く分散型のデータモデルになっています。これをIDSコネクタと呼ばれる通信モジュールで、データ利用条件の書かれた規約にもとづき、データの開示・非開示を判断する仕組みです。IDSコネクタがないと、このデータ空間にアクセスすることはできない仕組みです」(境野氏)

GAIA-Xのデータアクセス制御の仕組み

各拠点のデバイス/エッジと 各社クラウドが IDSコネクタを介して通信し、データ利用規約に書かれた条件に従ってアクセスの可否をコントロールする

 GAIA-XにアクセスするためのIDSコネクタの仕様は国際標準化をめざして策定されており、標準仕様書が完成し、まもなくプロトタイプが公開される段階で、年内には対応製品も出てくる予定です。GAIA-Xの土台となるヨーロッパ専用のデータ空間は2021年初旬にプロトタイプの完成を予定しており、今年2月に欧州委員会が発表した“A European Strategy for Data”によれば、おそらく法整備を含めて2022年、2023年くらいまでに完成するのではないかと境野氏は考えています。

 「欧州では、GAIA-Xを製造業だけではなく、物流、交通、医療、エネルギーなどのスマートシティ構想などにも活用し、新しい産業を生み出していく戦略を立てています。

 コロナの感染予防という観点から、例えばシーメンスなどは、工場のラインや機械、作業員などをデジタル空間に配置して動きを予測するプラントシミュレーターを駆使して、作業員同士の接触を回避する取り組みを提案しています。

 シーメンスではこの取り組みを都市空間にも広げようとしており、そうなるとGAIA-X/IDSの提唱する安全で信頼できるデータを社会全体で流通させる仕組みが実現されていく可能性があります」

GAIA-Xを基盤としたスマートシティ

SHARE

関連記事

SOMPOひまわり生命は“無害化”で安全にWeb閲覧できるセキュリティを実現

2021.01.20

セキュリティ対策に求められる新たな視点第21回

SOMPOひまわり生命は“無害化”で安全にWeb閲覧できるセキュリティを実現

中村 伊知哉氏が語る 「デジタル化がもたらす“仕事”と“働き方”の変化」

2021.01.20

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第15回

中村 伊知哉氏が語る 「デジタル化がもたらす“仕事”と“働き方”の変化」

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

2021.01.15

これからの時代に求められるデータ利活用第8回

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

ゼロトラストで“リモートワークをオフィス並み”にセキュアにする方法

2021.01.08

セキュリティ対策に求められる新たな視点第20回

ゼロトラストで“リモートワークをオフィス並み”にセキュアにする方法

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

2021.01.06

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第56回

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

松永エリック氏が語る“DXの本質”と“今後の情シスの役割”

2020.12.23

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第55回

松永エリック氏が語る“DXの本質”と“今後の情シスの役割”

AIをどう使えば「利益」「成果」につながるのか?エバンジェリストが解説

2020.12.18

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第5回

AIをどう使えば「利益」「成果」につながるのか?エバンジェリストが解説

交通費の精算業務が70%削減可能!大手映像制作会社の取り組みとは

2020.12.18

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第32回

交通費の精算業務が70%削減可能!大手映像制作会社の取り組みとは

DXの第一歩は請求書から!企業間取引を加速する方法

2020.12.11

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第31回

DXの第一歩は請求書から!企業間取引を加速する方法

なぜゼロトラストは、リモートワークで増加中の「なりすまし」を防ぐのか?

2020.12.09

セキュリティ対策に求められる新たな視点第18回

なぜゼロトラストは、リモートワークで増加中の「なりすまし」を防ぐのか?