Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.04.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第40回

大林組のIoTシステムは、リストバンドで作業員の安全を守る

著者 Bizコンパス編集部

 1892年創業の大手総合建設会社である株式会社大林組(以下、大林組)は、昨年6月に2050年の「あるべき姿」を定義した「Obayashi Sustainability Vision 2050」を発表。ESGを経営の羅針盤と捉え、SDGsへの貢献などを組み込んだ事業の具体的なアクションプランを設定し、「地球・社会・人のサステナビリティが実現された状態」を目指しています。

 このような長期的な視野のもと、大林組では事業戦略の一つとして「現場就労環境の改善」を掲げ、2016年よりNTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)とIoTを活用した作業員向け安全管理システムの実証実験を進めています。このシステムは、現場の作業員が着用したウェアラブルセンサで心拍数(バイタルデータ)を取得し、人体に影響を与える湿度や気温などのWBGT値(暑さ指数)を計測してクラウド上で共有。作業員一人ひとりの体調を管理し、安全な労働環境をつくるものです。

 2017年より実際の建設現場にも安全管理システムは導入され、作業員の体調管理に成果を発揮。多くのメディアにデジタルトランスフォーメーション(DX)の先進事例として取り上げられました。しかし、その後も現在に至るまで大林組とNTT Comの取り組みは続いています。そこにはどのような狙いがあったのでしょうか。

【株式会社大林組について】

1892年創業、歴史と伝統に裏付けされた技術力、誠意ある仕事で高品質の建設サービスを提供する国内最大手の一角を占める大手総合建設会社。「地球に優しい」リーディングカンパニーとして2050年のあるべき姿を「Obayashi Sustainability Vision 2050」にて定め、持続可能な社会の実現に貢献することを目指している。

URL https://www.obayashi.co.jp/

過酷な現場で働く作業員を守りたい

 大林組で当プロジェクトの指揮をとる森川直洋氏は、実証実験開始から今日に至るまで、アジャイル開発によって現場の課題をくみ取ったシステムの改善を続けている背景を次のように説明します。

森川:屋外作業が多い建設業は全産業中で最も熱中症の発生数が多く、気候変動による温暖化の顕著化により、ここ数年は5月、6月でも熱中症患者が出ている状況です。しかし、従来の熱中症対策は現場に設置したWBGT計を見て、基準よりも数値が高い際には水を飲む、休むといったものであり、個人の感覚的な判断に依存していました。これを私たちは業界全体の問題ととらえ、作業員の安全面を向上する手段としてプロジェクトを開始しました。

 IoT、ITを活用した安全管理システムの導入によって、作業員の体調を心拍数とWBGT値による「数値で見える化」できるようになりました。客観的な状況判断ができるため、無理して働いている作業員を納得させて、休憩の指示をするといった対策ができるようになり、これまで導入した現場では「熱中症0人」という成果が出ました。

 2016年から3年間使用したウェアラブルセンサは「シャツ型」でした。夏場の作業員は長袖Tシャツが多く、その下にピタッとしたセンサ内蔵のインナーシャツを着ると当然暑いため不評なのです。しかも、作業員ごとにサイズを採寸する必要があり、毎日洗濯する手間があるなど、導入・運用で現場に負担もかかります。さらに、測定した心拍数データをクラウド上にアップする中継器として、作業員全員分のスマホを用意する必要があり、ログイン操作ができない方も少なくありませんでした。結果として、私たちが現場に立ち会う数日間は使ってくれるのですが、それ以降は使用をやめる作業員も出てきてしまいました。

SHARE

関連記事

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

2020.06.03

テレワーク導入の“壁”を解決第7回

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

企業が「With/Afterコロナ」で検討すべきIT投資とは?

2020.06.03

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第6回

企業が「With/Afterコロナ」で検討すべきIT投資とは?

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

2020.05.27

With/Afrerコロナでビジネスはどう変わるか第1回

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

2020.05.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第5回

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

すぐに実践できる!テレワークでチームワークを高める秘訣とは?

2020.05.20

テレワーク導入の“壁”を解決第6回

すぐに実践できる!テレワークでチームワークを高める秘訣とは?

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

2020.05.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第26回

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

在宅勤務に潜む「情報漏えい」の恐怖をどう防ぐ?

2020.05.15

テレワーク導入の“壁”を解決第5回

在宅勤務に潜む「情報漏えい」の恐怖をどう防ぐ?