NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

IoT×ウェアラブルが長距離バスの安全運行を支援
2017.06.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第3回

IoT×ウェアラブルが長距離バスの安全運行を支援

著者 Bizコンパス編集部

 ここ数年、ドライバーの労働環境に起因する交通事故が発生した長距離バス。その安全運行を妨げる要因として、ドライバーの疲労が挙げられます。そのような背景もあり、東レ株式会社とNTTが共同開発したウェアラブルデバイス「hitoe®」を使ってドライバーの精神疲労状況を可視化する実証実験が行われました。その模様をレポートします。

 

大きな可能性を持つウェアラブルデバイス「hitoe®」とは

 IoTデバイスのカテゴリとして、身体に装着して利用するウェアラブルデバイスがあります。これらを利用することにより、たとえばメガネ型デバイスを使ってネットワーク経由で送られてきた情報を参照しつつ作業を行う、あるいはリストバンド型デバイスを使って装着している人の行動を把握するといったことが可能になり、ITの活用範囲を大きく広げることにつながるでしょう。このウェアラブルデバイスの1つで、幅広い領域で活用され始めているのが東レ株式会社とNTTが共同開発した「hitoe®」です。

ウェア型生体センサー(機能素材hitoe®)-1

 hitoe®は電気を通す導電性高分子をナノファイバーユニットに含浸させ、心電位や筋電位などを安定的に収集することを可能にした生地であり、実際に利用する際にはシャツなど衣服型ウェアラブルデバイスに仕立てたものを着用します。これにhitoe®のデータを送受するトランスミッターとスマートフォンを組み合わせ、身体情報をリアルタイムにモバイル回線経由で収集することが可能になります。

 hitoe®の活用例として、作業員の熱ストレスを可視化して体調管理や事故防止に役立てるといったことが挙げられ、実際にいくつかの企業で実証実験が行われています。

気になる見出しをクリック

hitoe®でデータを計測し、運行中のドライバーの精神疲労度や緊張度を推定

精神疲労度や緊張度の可視化に成功、休憩ポイントの見直しにも役立つ

APIによる運行支援システムとの連携も可能な「運転者モニタープラン」

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

攻めのITに必須の「アジャイル開発基盤」とは

2017.03.31

ビジネススピードを加速させるための新潮流

攻めのITに必須の「アジャイル開発基盤」とは

IoTの可能性を広げる、AI活用の最新事例とは

2017.01.18

AIでビジネスの現場を変える第2回

IoTの可能性を広げる、AI活用の最新事例とは

“トライアルすら難しい”IoT導入の大きな壁

2017.06.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第2回

“トライアルすら難しい”IoT導入の大きな壁

今こそ聞きたいIoT!3つのイノベーションと適用事例

2016.05.10

事業部長のためのIoT実現ガイド第1回

今こそ聞きたいIoT!3つのイノベーションと適用事例

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

2020.08.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第6回

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

2020.08.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第43回

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

2020.07.15

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第2回

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

2020.07.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第42回

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方