NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.04.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第39回

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

著者 Bizコンパス編集部

さまざまなアイデアをカタチにするITの力に期待

西村:私たちには直面している課題もあれば、それを解決するアイデアも持っています。しかし、それをカタチにするための技術がないという悩みを長年抱えていました。デジタルツインをはじめ豊富なITの知見をお持ちであるNTT Comとの共創体制により、カタチにする技術を手に入れたことが今回のプロジェクトで得た大きな収穫です。今後も私たちの認識しているさまざまな課題やアイデアを、新技術で解決していただきたいと思っています。

島田:課題やアイデアをいただけることで、私たちのメンバーもやりがいを感じて熱が上がっています。私たちは日進月歩で進化するITのキャッチアップや新たな研究調査を積極的に行い、クボタ様と新しいビジネスを創出していきたいと考えています。

清水:これまでお客さまとともに環境問題に取り組むケースが少なかったため、今回のプロジェクトはNTT Comの他プロジェクトを活性化する大きな刺激となるでしょう。クボタ様はごみの焼却処理に関しても、地域住民や自治体を巻き込んだB2B2Xの展望を持っておられます。このような社会的課題を解決するために、今後も一緒に意義のある取り組みを行っていきたいですね。

西村:AIは優れたテクノロジーですが、任せきりにするのでは技術者が存在する意味がありません。人間の得意分野はAIが導いた結果から気づきを得て、より良くするアイデアが生み出せることにあると思います。この先たとえAIによる完全自動制御が実現したとしても、現場の人間は次の課題、改善策を探し続けるでしょう。

島田:以前、囲碁の世界王者がAIに負けたことがニュースになりましたが、その後の話をご存じでしょうか。敗れた世界王者はAIとの対戦で新しい手が見えてきたと語ったのです。AIにはできないイノベーティブな発想で人間が考え、AIにぶつけて、互いの可能性を広げていく。その繰り返しで世の中は発展していきます。クボタ様と私たちも互いを高めあう関係で、世の中の発展に貢献していきたいと考えています。

SHARE

関連記事

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

2020.04.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第38回

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第4回

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

2020.02.26

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第1回

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」