NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXが進まないのは、一般道にレーシングカーを走らせているから
2020.04.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第37回

DXが進まないのは、一般道にレーシングカーを走らせているから

著者 Bizコンパス編集部

ピットクルーが“塩対応”ではダメ

 このような状況を打破する有効な手段の一つが、IT基盤の刷新とともに、運用業務をアウトソーシングすることです。実際に、IT基盤の運用業務をアウトソースしている企業は、以前に比べ多く見られるようになりました。

 ここで注意したいのが、「すべてをお任せする」といったアウトソースでは、自社にノウハウが蓄積されないという問題が生じてしまう点です。そのような状況では、時間が経つにつれ委託先の言いなりになってしまう「ベンダーロックイン」状態を招く恐れがあります。

 せっかくサーキットを整備して、ピットクルーの負荷を軽減できたとしても、「それは、できかねます」「お時間をいただきます」といった“塩対応”では、計画通りにレーシングカーを走らせることはできないでしょう。

関連キーワード

SHARE

関連記事