NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第33回

5G開始でビジネスはどう変わる?ドコモが語る理想と現実

著者 Bizコンパス編集部

5G の誤解と真実。そして活用のカギとなる「プライベート5G 」とは

 5Gの商用サービス開始により、世の中に大きな変化がもたらされることは確実でしょう。しかし、世の中で想像されている5Gと現実の初期の5Gには少なからず乖離があると中村氏は語ります。

「最初から日本全国で5Gが利用できるイメージをお持ちかもしれません。実際は、都心部などの一部エリアで限定的にスタートします。全国を網羅するには数年はかかるでしょう。しばらくは既存の4Gの高度化を進め、5Gと併用していくことになります」(中村氏)

 2つ目は、パフォーマンスに関する誤解です。5Gの提供エリア内でも、すぐに10Gbpsの高速・大容量、1msの低遅延なサービスが利用できるわけではありません。

「現在の端末性能では、処理できるのは数Gbpsまでです。遅延についても、ネットワーク構成、基地局とサーバー間の距離で異なり、数msから数十msになります。もちろん、将来的には日本全国で高いパフォーマンスが利用できるようになる予定です」(中村氏)

 3つ目は、ユースケースについての誤解です。5Gは、どのようなユースケースにも対応できるわけではありません。やはり計画性もあったビジネスモデルの構築が必要になります。

「実証実験では成果を上げているユースケースが多くあります。どうマネタイズするのか、どう収益を分配していくかなど、そこからがビジネスモデルを構築する上で難しい部分です。社会的課題の解決と、ビジネスモデルを両立させるアイデアが重要になります」(中村氏)

 今後、多種多様なユースケースの対応が求められると考えられますが、そのニーズに適切に対応するカギは、「プライベート5G」にあると中村氏は考えています。プライベート5Gとは、特定の場所や時間、特定の用途で個別に利用できる5Gネットワーク。現在、総務省が精力的に進めている「ローカル5G」は同様のコンセプトです。

「地方にある工場のスマートファクトリー化はもとより、期間限定で利用されるイベント会場、建設現場などに簡易な基地局を設置するといった用途では、低コスト、迅速にサービスが提供できるプライベート5Gが有効です。これからは私たちが全国で提供するパブリックな5G、そして特定の場所で特定の用途で用いるプライベートな5Gをうまく使い分けることが重要になるでしょう」

 現在、多くの通信事業者、ベンダーなどがプライベート5G事業の参入を表明しています。5Gを活用したDXの取り組みにスピード感を持たせたいのであれば、間違いなくプライベート5Gの導入は有効な選択肢の一つと言えるのではないでしょうか。

SHARE

関連記事

企業・自治体に大人気「ローカル5G」の期待と不安

2020.01.28

ケータイ業界の最新動向に迫る第75回

企業・自治体に大人気「ローカル5G」の期待と不安

「5G」と「ローカル5G」って、何がどう違う?

2019.10.15

ケータイ業界の最新動向に迫る第71回

「5G」と「ローカル5G」って、何がどう違う?

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

2020.02.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第29回

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説