NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第32回

先端企業のCDOが語る「DXがもたらす脅威と可能性」

著者 Bizコンパス編集部

DXを“脅威”と捉える層をどのように説得すべきか

 DXの取り組みを進める上で、社内に抵抗勢力が生まれてしまうことも少なくありません。わかりやすいのは、AIやテクノロジーにより自分の仕事が奪われるのではないかと危惧した従業員が、テクノロジーの活用に反対するといったケースです。

 味の素の福士氏は、このようなDXを取り巻く社内感情について感想を述べます。

「若い人たちは“チャンス”だと捉えていて、年齢が上の層は“脅威”だと捉えています。これ以上の説明のしようがないですね(笑)」

 住氏もこれに同調したうえで、テクノロジーが後ろ向きに捉えられないように気を配っていると話しました。

「自分たちの仕事が奪われるのではないかという感覚は、社員の中にも確かにありました。しかし、人には人の仕事があり、技術には技術の仕事があるんだということを繰り返し社内で話すことで、テクノロジーを積極的に採り入れていこうという動きが徐々に生まれつつあります。

 しっかりとメッセージを発信しないと、これは人員削減のために行われるのではないかと後ろ向きに捉えられ、社員の士気が下がってしまいます。そこは経営層としても気を遣っています」

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す