NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第32回

先端企業のCDOが語る「DXがもたらす脅威と可能性」

著者 Bizコンパス編集部

味の素でも自社の商品が「切り崩される」脅威を感じている

 まず議題となったのはDXによってもたらされる機会と脅威についてです。

 登壇者の1人である味の素株式会社のCDOである福士博司氏は、さまざまな業種の競合やデジタルディスラプターが、自分たちの商品やサービスを少しずつ切り崩しているという実感があると述べ、これが脅威ではないかと説明しました。

 一方、機会についても「非常に大きい」と評価します。具体例として、血液中のアミノ酸濃度バランスから現在の健康状態や病気の可能性を評価する検査である「アミノインデックス」を挙げました。

「研究を重ねた情報を、デジタル化することによってこのような診断が可能になりました。さらに、診断結果を用いたリテラシー教育によって、実際にQOLを向上させるような取り組みも考えています。

 さまざまな業界の企業や地域、医療団体とデータを統合し、課題解決の裾野を広げたり、1プレイヤーではできないことを共同で実施する。こういった取り組みとデジタルの相性は非常によく、大きなチャンスだと捉えています」(福士氏)

 東京海上HDの事業戦略部・デジタル戦略室長の住隆幸氏は、DXが脅威となる典型的な例として自動運転を挙げます。自動運転が普及すれば自動車事故の件数は圧倒的に減り、損害保険会社の主力商品である自動車保険のマーケットが縮小してしまいます。

「損保業界は時代に応じて新しいリスクを保険化してきた業界です。最初は海上保険と呼ばれる貿易の保険が生まれ、火災保険や自動車保険、航空機の保険などと続いてきました。次に来るのは、サイバーリスクに対する保険です。ここが我々にとっての非常に大きなチャンスになりますので、引き続き技術開発を続けていきたいと思っています」

 テキストマイニングとAI技術を活用し、ビジネス意思決定のサポートサービスの開発と運営を手がけるストックマークの代表取締役CEOである林達氏は、ベンチャー企業の立場からDXの脅威を次のように語りました。

「産業構造が変わるときは、所属するプレイヤーも大きく変わります。そのため、DXは大企業にとっては大きな脅威になり得ると感じています」

 林氏が例として挙げたのが、スマートフォンです。それ以前、日本の携帯電話端末を手がけていたメーカーは世界的にみても優秀だったとし、「それが10年ほどで一気にiPhoneに市場を塗り替えられた」と指摘。こうしたことが今後さまざまな業界で起きるだろうと話しました。

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条