NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.12

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第31回

「事業部もデジタル予算を管理すべき」ビジネスを変えるIT投資を、内山悟志氏が提言

著者 Bizコンパス編集部

目指すべきは、デジタル“ビジネス”トランスフォーメーション

――ITRで調査しているIT投資動向では、2020年のIT投資の伸びが鈍化するとレポートしています。今までのお話からは増加するように思えますが、背景にはどんなことがあるのでしょうか。

内山:このレポートでは、IT部門が管理している予算を対象にしているためです。実情として、IT投資額自体は増えていますが、たとえば事業部門が自主的に投資しているビジネスITなどは含まれていなものがあります。

 このように社内の様々な部門でのDXへの取り組みが進んでいくと、経営判断としてのIT投資はますます困難となります。企業の経営層がITリテラシーを高めることはもちろんですが、難しい場合は、CIOやCDOに一定の予算を預けて全権を委ねることも必要です。

 日本ではDXは、システムの刷新などの手段が目的として語られることが多いですが、米国でDXは、デジタル活用でビジネス戦略を変えていくための「デジタル“ビジネス”トランスフォーメーション」というニュアンスで語られます。2020年からいかにそういった意識を持ち、準備をスタートするか否かで、この後の数年で企業体力の二極化が進むでしょう。

 これからの日本の経営層に必要となるのは、10年、20年先の未来を思い描き、世の中がどう変化し、自社ビジネスをどうDXの波にのせていくかを想像する力です。明確な答えはありませんが、DXで先進的な取り組みをしている企業の事例は参考になると思います。

 たとえば経済産業省の「攻めのIT経営銘柄」の選定に私も関わっていますが、特徴的な取り組みの企業が多いです。2020年はこれに代わって「デジタルトランスフォーメーション銘柄(仮称)」の選定もありますので、ウォッチすると良いでしょう。

――本日はありがとうございました。

関連キーワード

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

2021.05.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第65回

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル