Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.12

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第31回

「事業部もデジタル予算を管理すべき」ビジネスを変えるIT投資を、内山悟志氏が提言

著者 Bizコンパス編集部

事業部門も、DX予算を管理すべき

――事業部門も含め、DXにかかる予算はどのように分担すべきでしょうか。

内山: DXの基盤となる部分は、IT部門が負担する。そのうえで事業部門の戦略に紐付いている案件ついては、その部門が予算を持つほうが、プロジェクトへの当事者意識を持つうえでもベターでしょう。

 しかしDXの案件には、ARやVR、あるいはAIといった先端技術など、「自社ビジネスのどこで使われるのかはまだわからないけれど検討を進める必要があるケースもあり、こうしたプロジェクトの扱いは難しいところです。基本的には先行投資としてデジタル推進部門で負担し、少なくともPoC(コンセプト検証)のレベルまではプロジェクトを進めていく対応が必要でしょう。

 事業部門が独自でPoCを実施するようになると、別々の部門が似たような取り組みを同時にしていることが起こります。プロジェクトの担当者は、PoC実施前の社内の情報収集も大切になります。

――予算の観点からは、DXはIT部門が負担すべき基盤部分、事業部予算で進めるべきもの、先行投資の意味合いが強いものの3つに分けられるということですね。

内山:これらは分けて案件化すべきで、同列にすると混乱を招きます。たとえば、先行投資的なプロジェクトでは、ROIを計ることはできませんし、投資額を3年で回収できるのかと聞かれても「やってみないとわからない」としか答えようがないからです。こうした判断や評価の方法の違いも考慮しつつ、DXプロジェクトは進めるべきでしょう。

関連キーワード

SHARE

関連記事

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

2020.05.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第27回

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

2020.05.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第5回

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

2020.05.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第26回

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

なぜGAFAは優秀なIT人材に“選ばれる”のか?東大・山口准教授に聞く

2020.05.08

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第6回

なぜGAFAは優秀なIT人材に“選ばれる”のか?東大・山口准教授に聞く

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける

2020.05.01

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第4回

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける

大林組のIoTシステムは、リストバンドで作業員の安全を守る

2020.04.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第40回

大林組のIoTシステムは、リストバンドで作業員の安全を守る

製造業が直面「若手への技術継承」問題をどう解決する?東大・朴准教授に聞く

2020.04.24

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第5回

製造業が直面「若手への技術継承」問題をどう解決する?東大・朴准教授に聞く

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

2020.04.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第39回

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

2020.04.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第38回

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

2020.04.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第21回

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?