NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.12

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第31回

「事業部もデジタル予算を管理すべき」ビジネスを変えるIT投資を、内山悟志氏が提言

著者 Bizコンパス編集部

事業部門も、DX予算を管理すべき

――事業部門も含め、DXにかかる予算はどのように分担すべきでしょうか。

内山: DXの基盤となる部分は、IT部門が負担する。そのうえで事業部門の戦略に紐付いている案件ついては、その部門が予算を持つほうが、プロジェクトへの当事者意識を持つうえでもベターでしょう。

 しかしDXの案件には、ARやVR、あるいはAIといった先端技術など、「自社ビジネスのどこで使われるのかはまだわからないけれど検討を進める必要があるケースもあり、こうしたプロジェクトの扱いは難しいところです。基本的には先行投資としてデジタル推進部門で負担し、少なくともPoC(コンセプト検証)のレベルまではプロジェクトを進めていく対応が必要でしょう。

 事業部門が独自でPoCを実施するようになると、別々の部門が似たような取り組みを同時にしていることが起こります。プロジェクトの担当者は、PoC実施前の社内の情報収集も大切になります。

――予算の観点からは、DXはIT部門が負担すべき基盤部分、事業部予算で進めるべきもの、先行投資の意味合いが強いものの3つに分けられるということですね。

内山:これらは分けて案件化すべきで、同列にすると混乱を招きます。たとえば、先行投資的なプロジェクトでは、ROIを計ることはできませんし、投資額を3年で回収できるのかと聞かれても「やってみないとわからない」としか答えようがないからです。こうした判断や評価の方法の違いも考慮しつつ、DXプロジェクトは進めるべきでしょう。

関連キーワード

SHARE

関連記事

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

2020.10.28

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第9回

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第45回

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方