NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

著者 Bizコンパス編集部

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためにはデータの活用が不可欠ですが、蓄積しているデータはあるものの、どう活用していいかわからないという企業も少なくありません。

 ガートナーの調査によれば、データの利活用からビジネス成果を「十分に得ている」企業は全体のわずか3%に過ぎず、「ある程度得ている」まで範囲を広げても40%に至りません。さらに今後、5Gが普及していけば企業は今まで以上に膨大なデータと向き合わなければならなくなります。

 このような状況の中、DX先進企業は「データ」に対してどのような考えを持っているのでしょうか。2019年12月3日に行われた「CDO Summit Tokyo 2019 Winter」で行われたパネルディスカッション「DXにおけるテクノロジー・データの活用の意味と価値」よりひも解きます。

 登壇したのはセブン&アイ・ホールディングスの清水健氏、パーソルホールディングスの友澤大輔氏、横河電機の舩生幸宏氏、そしてWovn Technologiesの上森久之氏です。

セブン&アイのDX戦略のカギを握る「7iD」とは

 パネルディスカッションの冒頭で、まず各登壇者が自社におけるDXの取り組み概要を説明しました。

 株式会社セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)は、コンビニエンスストアからスーパーマーケット、百貨店を中心に、金融から専門店に至るまで幅広く事業を展開しています。同グループのデジタル戦略を担う清水健氏は、膨大なデータの扱い方を課題として挙げます。

「数多くのお客さま、そして幅広い業態のデータをいかに統合的に集めて分析・活用するかがここ数年の課題です」

 そのデータ統合のカギとなるのが「7iD」です。同社にはPOSデータや独自の電子マネーサービスであるnanaco、さらには百貨店の会員情報などさまざまなデータが蓄積されています。

 しかしPOSデータでは個人を識別できない、nanacoはプラスチック製カードでの利用が主で、セブン&アイ側からコミュニケーションが取れないなど、さまざまな課題があるといいます。そこで2015年から7iDという共通IDを顧客に割り当て、ここにすべてのデータを集約。顧客と紐付けてさらなるデータ活用を実現するための取り組みが進められています。

「店舗やWebサイト、コールセンターといった数ある顧客接点から得られたデータを7iDに集約して、集計・分析を行っています。その結果を施策に落とし込み、ライフタイムバリューの向上とサービスの改善によってお客さまの信頼を獲得。それによってさらにデータを提供いただく、このような形でデータ活用を進めています」(清水氏)

SHARE

関連記事

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第46回

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第45回

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

教育現場の課題を解決するNTT ComのSmart Educationとは

2020.09.09

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第44回

教育現場の課題を解決するNTT ComのSmart Educationとは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

2020.08.28

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第3回

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる