NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

著者 Bizコンパス編集部

“攻め”が目立つデータ活用だが “守り”も忘れてはならない

 続けて議題となったのはデータ活用における課題についてです。パーソルの友澤氏は“守り”が重要になるとコメントしました。

「個人情報に関する法律が大きく変わりそうなタイミングなので、データ活用の議論においては、“攻め”だけではなく、“守り”も重要になると思います。データ活用では“攻め”の要素が非常に強く見えますし、期待も高まりますが、その中で“攻め”と“守り”をどう両立していくかが重要な論点になりつつあります」

 舩生氏が課題として挙げたのは、データドリブンなビジネスを推進するために導入したツールに、まだ従業員が慣れていないことだと言います。

「以前はExcelで作成したデータで議論が行っていましたが、データの取得場所やデータの定義に関する話に多くの時間を費やしていました。またデータをExcelに落とし込むことでデータを“作ってしまう”という傾向も見られました。

 そのため、現在はよりデータドリブンにビジネスを進めていくため、ビジュアルアナリティクスツールを用いてありのままのデータで議論を行っています。

 しかし、これまでExcelを使用していたため、ビジュアルアナリティクスツールの画面に慣れないなど運用面での課題が発生しています」

 今回のパネルディスカッションから、データをビジネスに活用するためには、収集や分析といったプロセスが必要であるのはもちろん、場合によっては外部のデータと組み合わせるなど、さまざまな工夫が必要であることがわかります。

 また法律への対応など、“守り”の視点の重要性が指摘されていたことも印象的でした。社内でデータ活用について議論する際、こうした視点も採り入れることで取り組むべき事柄が詳細に見えてくるのではないでしょうか。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す