NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

著者 Bizコンパス編集部

“攻め”が目立つデータ活用だが “守り”も忘れてはならない

 続けて議題となったのはデータ活用における課題についてです。パーソルの友澤氏は“守り”が重要になるとコメントしました。

「個人情報に関する法律が大きく変わりそうなタイミングなので、データ活用の議論においては、“攻め”だけではなく、“守り”も重要になると思います。データ活用では“攻め”の要素が非常に強く見えますし、期待も高まりますが、その中で“攻め”と“守り”をどう両立していくかが重要な論点になりつつあります」

 舩生氏が課題として挙げたのは、データドリブンなビジネスを推進するために導入したツールに、まだ従業員が慣れていないことだと言います。

「以前はExcelで作成したデータで議論が行っていましたが、データの取得場所やデータの定義に関する話に多くの時間を費やしていました。またデータをExcelに落とし込むことでデータを“作ってしまう”という傾向も見られました。

 そのため、現在はよりデータドリブンにビジネスを進めていくため、ビジュアルアナリティクスツールを用いてありのままのデータで議論を行っています。

 しかし、これまでExcelを使用していたため、ビジュアルアナリティクスツールの画面に慣れないなど運用面での課題が発生しています」

 今回のパネルディスカッションから、データをビジネスに活用するためには、収集や分析といったプロセスが必要であるのはもちろん、場合によっては外部のデータと組み合わせるなど、さまざまな工夫が必要であることがわかります。

 また法律への対応など、“守り”の視点の重要性が指摘されていたことも印象的でした。社内でデータ活用について議論する際、こうした視点も採り入れることで取り組むべき事柄が詳細に見えてくるのではないでしょうか。

SHARE

関連記事

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?