Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

著者 Bizコンパス編集部

“攻め”が目立つデータ活用だが “守り”も忘れてはならない

 続けて議題となったのはデータ活用における課題についてです。パーソルの友澤氏は“守り”が重要になるとコメントしました。

「個人情報に関する法律が大きく変わりそうなタイミングなので、データ活用の議論においては、“攻め”だけではなく、“守り”も重要になると思います。データ活用では“攻め”の要素が非常に強く見えますし、期待も高まりますが、その中で“攻め”と“守り”をどう両立していくかが重要な論点になりつつあります」

 舩生氏が課題として挙げたのは、データドリブンなビジネスを推進するために導入したツールに、まだ従業員が慣れていないことだと言います。

「以前はExcelで作成したデータで議論が行っていましたが、データの取得場所やデータの定義に関する話に多くの時間を費やしていました。またデータをExcelに落とし込むことでデータを“作ってしまう”という傾向も見られました。

 そのため、現在はよりデータドリブンにビジネスを進めていくため、ビジュアルアナリティクスツールを用いてありのままのデータで議論を行っています。

 しかし、これまでExcelを使用していたため、ビジュアルアナリティクスツールの画面に慣れないなど運用面での課題が発生しています」

 今回のパネルディスカッションから、データをビジネスに活用するためには、収集や分析といったプロセスが必要であるのはもちろん、場合によっては外部のデータと組み合わせるなど、さまざまな工夫が必要であることがわかります。

 また法律への対応など、“守り”の視点の重要性が指摘されていたことも印象的でした。社内でデータ活用について議論する際、こうした視点も採り入れることで取り組むべき事柄が詳細に見えてくるのではないでしょうか。

SHARE

関連記事

要点まとめ「2025年の崖」を克服するには?

2020.02.26

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第2回

要点まとめ「2025年の崖」を克服するには?

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

2020.02.26

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第1回

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

5G開始でビジネスはどう変わる?ドコモが語る理想と現実

2020.02.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第33回

5G開始でビジネスはどう変わる?ドコモが語る理想と現実

先端企業のCDOが語る「DXがもたらす脅威と可能性」

2020.02.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第32回

先端企業のCDOが語る「DXがもたらす脅威と可能性」

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」

2020.02.14

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第25回

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」

「事業部もデジタル予算を管理すべき」ビジネスを変えるIT投資を、内山悟志氏が提言

2020.02.12

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第31回

「事業部もデジタル予算を管理すべき」ビジネスを変えるIT投資を、内山悟志氏が提言

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

2020.02.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第29回

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?

2020.01.31

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第1回

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?

「DXレポート」作成者が教える「2025年の崖」を乗り越えるポイント

2020.01.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第28回

「DXレポート」作成者が教える「2025年の崖」を乗り越えるポイント

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第23回

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第22回

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法