NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.01.22

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第27回

全米最高のCDOが語る「CDOのミッションとDX成功の秘訣」

著者 Bizコンパス編集部

DX成功の秘訣は、最初に困難なチャレンジに挑むこと

 一方で課題もありました。サンダーピア氏がCDOに就任した当時のコンデナストは、紙媒体を中心にビジネスを展開していたため、社員のビジネススピードが遅く、デジタル化についていけない状態だったのです。

「CDOは事業の成長だけではなく、人々を成長させ、組織を変革する役割を担っています。特にコンデナストのような歴史ある組織では、社員が変化に対する不安を抱きがちです。トランスフォーメーションのリーダーであるCDOは、社員と1対1で現状の課題とこれから起きる変化、将来のビジョンをしっかり説明し、信頼を得ることが必要です。それを繰り返し行うことが、会社の目的を迅速に達成することにつながります」

 サンダーピア氏は、日本でDXを主導するCDOに向けて以下のメッセージを送ります。

「最初に最も重要かつ困難な課題に取り組むことがDXを成功させる秘訣です。一般的にCDOは社員のプレッシャーを取り除くため、早く成果が上がる課題から取り組みがちです。しかし、すぐに成果が上がる課題は、いつでもクリアできるので最初にやる必要はありません。困難な課題には、それを困難にさせている原因があります。その困難さは、競合にとっても同様ですから、その困難を乗り越えればマーケットをリードできます。

 私はコンデナストでも、最初に最も困難な課題に取り組みました。最初に困難な課題をクリアしたので、残りの簡単な課題は軽くクリアできました。

 変革を行う主体はテクノロジーではなく、人だということを忘れないでください。時間をかけて人々との関係性を打ち立てること、それがDXを成功に導く最も重要なポイントです」

 サンダーピア氏は、DXの成功は社員の信頼を得ることにあると改めて強調し、講演を締めくくりました。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す