NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2019.12.27

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第25回

イチローが語る! 引退試合の裏側とNTTが描く「スマートスポーツ」への期待

著者 Bizコンパス編集部

スランプの苦しみからメジャーへの挑戦を決断

 イチロー氏はさらに、自分の限界を決めず、挑戦を続けることも重要だと続けます。

「メジャーへの挑戦を決めたのは、実はスランプになったことがきっかけです。それでも毎年、結果的に首位打者が獲れてしまう“気持ち悪さ”を感じていました。そこでメジャー挑戦を表明したのですが、周りでは『7年連続で首位打者を獲って何が不満なんだ』という否定的な意見が大半でした。

 僕自身はスランプで苦しんでいて環境を変えたいのだから、メジャーで通用する・しないは二の次でした。そういう重要な決断は、人の意見に耳を貸さず自分で決めるべきです」

 メジャーへの挑戦に限らず、新たな環境への挑戦の繰り返しこそが、イチロー氏の野球人生を支えてきました。

「野球の名門校に進むときも、『こんなに細い身体で通用するのか』と心配されました。中途半端に勉強もできたものですから、進学校を薦められました。しかし僕には自信があったので、大人の意見は関係ありません。確かにギャンブルではあったのですが、自分の道を行きました。プロ野球に入団するときもしかり、そんなことの繰り返しです」

「イチローさんは非常に真摯、まっすぐな姿勢で自分の道を決めています。これは企業がグローバル市場に挑戦する際にも重要な感覚だと思います。社員の一人ひとりが、そういう強い気持ちを持たないと競争は勝ち抜けない。私たちも頑張りたいと思います」(澤田氏)

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す