NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する
2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

著者 Bizコンパス編集部

 デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが加速する中、企業が複数のクラウドサービスを利用することは珍しくなくなりました。昨今は多くの企業のICT環境が、複数のクラウドサービスやオンプレミスサーバーを組み合わせる「マルチクラウド/ハイブリッドクラウド」によって構築運用されています。

 その一方で、マルチクラウド化に伴う「ICT環境の複雑化」が課題となっています。社内の各事業部が独自にクラウドサービスを利用するなど、社内に様々なクラウドサービスが存在するため、情報システム部門による一元的な管理・制御・セキュリティのガバナンス統制が難しくなっているのです。

 このような複雑化するICT環境の課題を解消するサービスが「Flexible InterConnect」です。複数のクラウドサービスとデータセンター、ユーザー拠点をオンデマンドでセキュアにつなぐこのサービスは、企業にどのような価値をもたらすのでしょうか。NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)で「Flexible InterConnect」の開発に携わる田中直樹氏と森まなみ氏に聞きました。

企業のICTが直面する課題への答えとしての新サービス

 近年、企業ではICTを活用して経営課題を解決するデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する動きが加速しています。DXの取り組みにおいて、多くの企業が用途に応じて複数のクラウドサービスを利用するようになりました。さらに、業務システムの特性に応じてオンプレミスサーバーとクラウドサービスを使い分けるなど、マルチクラウド/ハイブリッドクラウド環境でITシステムを構築・運用することが多くなっています。NTT Comの森まなみ氏はこのような状況にある企業のニーズと課題について説明します。

「たとえばIoTセンサーデバイスで取得したデータはIoT基盤のあるAWSに格納し、そのデータ分析はGCPのBIサービスを使うなど、お客さま企業ではクラウド間通信のニーズが高まっています。このようなニーズに対応するには、従来はクラウドサービスごとにネットワークやルーターなどの接続用の機器が必要でした。

 また、現在多くの企業で採用されているAmazon Web Services(AWS)や Google Cloud Platform(GCP)、 Microsoft Azure(Azure)といったクラウドサービスは、クローズドネットワークで接続できるサービスを用意しています。しかし、クラウドサービスごとにネットワークやルーターなどの機器が必要となるため、結果としてネットワークインフラの複雑化につながってしまいます」

 このような企業が直面する課題の答えとして開発されたのが、NTT Comのインターコネクトサービスである「Flexible InterConnect」です。

「『Flexible InterConnect』であればそれぞれのクラウドサービスに個別に接続する必要はなく、1つの物理ポートからさまざまなクラウドサービスやデータセンターと接続することが可能です。そのため、接続先のクラウドサービスやデータセンターごとに回線や機器を用意する必要もありません」(森氏)

 さらにFlexible InterConnectでは、急激なトラフィック増加に対応するため10Gbpsの広帯域メニューを用意しています。オンデマンドで必要な時に必要な分だけ帯域を拡張することもできるため、柔軟な運用が可能です。

 またNTT Comの田中直樹氏は、企業にはセキュアにパブリッククラウドサービスを使いたいというニーズがあるといいます。

「クラウドネイティブなICT環境によって、従来はオンプレミスサーバーで保管していた重要なデータが、これからはクラウドサービスへと移行していきます。

 パブリッククラウドサービスはインターネットでも利用できますが、セキュリティを不安視する企業は少なくありません。そのため昨今では、インターネットではなく、きちんとコントロールされたセキュアな閉域でつながるネットワークを介して、パブリッククラウドサービスを利用したいというニーズの強さを感じていました。

 このようなニーズに応えるため、Flexible InterConnectはルーティング機能に加え、ファイヤーウォールやNATなどもソフトウェアコンポーネントとして提供しています。専用機器の購入や設定も不要です」

SHARE

関連記事

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

2019.10.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

過去にうまくいかなかった人にも見てほしい「最新クラウド導入方法」

2019.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第17回

過去にうまくいかなかった人にも見てほしい「最新クラウド導入方法」

DX実現のために乗り越えるべき“クラウド導入の壁”とは

2019.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第16回

DX実現のために乗り越えるべき“クラウド導入の壁”とは

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは