Bizコンパス

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?
2019.10.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

著者 Bizコンパス編集部

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)では現在、中期経営戦略として「Smart Worldの実現」を掲げています。

 Smart Worldとは、ITで世の中のさまざまな社会課題を解決していく“スマートな社会”のことを指す言葉。NTTグループ全体がこのSmart Worldの実現に取り組んでおり、グループ会社のNTT Comでも、Smart Worldの実現のため、データの利活用を支えるサービスを強化し、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に貢献する“DX Enabler”になることを宣言しています。

 この9月30日には、顧客のデジタルデータの収集・蓄積・管理分析をワンストップで提供するデータ利活用プラットフォーム「Smart Data Platform」の提供を開始。データ利活用アプリケーション「Apps on SDPF」と合わせて利用することで、データから新たな価値を生み出し、企業のDX化や社会問題の解決を推進するとしています。

 Smart Worldを支えるデータ利活用プラットフォームとして「Smart Data Platform」があり、この2つがNTT Comの戦略の両輪となります。

 この「Smart Data Platform」という新しいプラットフォームを取り入れることによって、企業のビジネスは、導入前と比べてどのように変わるのでしょうか? そして、DX化が進むことで、どのような世界が形成されていくのでしょうか? NTT Comの池上聡氏と爪長美菜子氏に話を聞きました。

気になる見出しをクリック

欧米に比べてデジタル化が遅れている日本を変えたい

 冒頭でふれたように、NTTグループの中期経営計画「Your Value Partner 2025」では、事業活動を通じて社会的課題の解決のために、Smart Worldを実現することで、持続可能な社会や、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する、というビジョンが掲げられています。

 NTT Comでも、Smart Worldを実現するために、「企業のDXに貢献するDX Enablerになる」という方針を明らかにしています。

 しかし、なぜSmart Wolrdを実現するために、NTT ComがDX Enablerになる必要があるのでしょうか? 池上氏はその理由として、日本の成長の鍵がDXにあることを指摘しました。

「NTT Comではかねてより、日本企業のデジタルビジネスに対する取り組みが、欧米に比べて遅れていることを問題視していました。お客さまの関心事がDXへ進む中、我々がご支援するICTも変わっていかないといけないと思います。当社が企業のDX導入をサポートし、促進することは、社会的課題の解決や社会の持続的成長にもつながっていき、ひいてはSmart Worldの実現にもつながっていきます」

 一方で爪長氏は、市場のニーズとしてもDXが求められていることに言及しました。

「企業がICTに期待しているものが、従来からは変わってきていると強く感じています。これまでICT導入の検討の中心は情報システム部門でしたが、昨今はそれに加えて、DX推進を目的とする部門が立ち上げられ、ビジネスプロセス改善や新規ビジネス創出を目的としてAI/IoT等のICTの導入を検討するケースが多くなってきています」

 爪長氏はさらに、企業のDXを推進するためには、パートナー企業と共創していくことが重要だといいます。

「企業が自力でDXを取り組むには限界があると感じています。NTT Comでは、DX Enabler、まさにDXにおける先導役として、お客さまやパートナー企業とともにアジャイル手法で検討し、単なるITシステムの更改ではなく、新規ビジネス創出への貢献を目指しています」

 NTTグループが一丸となって実現を目指す未来像が、Smart Worldです。Smart Worldは、デジタルトランスフォーメーションの実現によって社会的課題が解決され、企業や社会の持続的成長が達成された未来の世界を描いています。

 このSmart Worldの中でも、NTT Comでは、具体的に7つの重点領域を定めました。その7つとは、「Smart City(都市)」「Smart Factory(工場)」「Smart Education(教育)」「Smart CX(Customer Experience=顧客体験)」「Smart Health Care(健康)」「Smart Mobility(自動車など乗り物全般)」「Smart Work Style(働き方)」です。

「具体的な取り組みを挙げると、たとえばSmart Factoryの領域では、“技術・技能伝承のサポート”が進みつつあります。

 近年、日本では人手不足が社会的課題となっていて、特に製造業では、団塊世代の大量退職が迫る一方、将来を担う若手が少なく、技術・技能伝承が進まないといった事態が発生しています。その課題を、デジタルの力で解決できるよう取り組んでいます」(爪長氏)

続きを読むには会員登録が必要です

見出しに戻る

なぜ新しいプラットフォームはデジタル化が推進できるのか?

いずれ到来する「Smart World」に適応するために

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

2019.10.02

IoTを活用してビジネス価値を創造する第3回

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

2019.08.23

デジタルトランスフォーメーション最前線

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

CDO討論会「日本の経営者は、DXへの切迫感がなさすぎる」

2019.08.09

デジタルトランスフォーメーション最前線

CDO討論会「日本の経営者は、DXへの切迫感がなさすぎる」

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

「2025年の崖」はServiceNowで乗り越える。「Now at Work Tokyo」レポート

2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第14回

「2025年の崖」はServiceNowで乗り越える。「Now at Work Tokyo」レポート

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第13回

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

ラグビー日本代表を躍進させた「スポーツデータ利活用」の最前線

2019.11.06

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第23回

ラグビー日本代表を躍進させた「スポーツデータ利活用」の最前線

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

2019.11.01

DXを加速させるITシステムの運用改革第12回

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは

2019.10.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第7回

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは