Bizコンパス

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?
2019.10.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

著者 Bizコンパス編集部

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)では現在、中期経営戦略として「Smart Worldの実現」を掲げています。

 Smart Worldとは、ITで世の中のさまざまな社会課題を解決していく“スマートな社会”のことを指す言葉。NTTグループ全体がこのSmart Worldの実現に取り組んでおり、グループ会社のNTT Comでも、Smart Worldの実現のため、データの利活用を支えるサービスを強化し、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に貢献する“DX Enabler”になることを宣言しています。

 この9月30日には、顧客のデジタルデータの収集・蓄積・管理分析をワンストップで提供するデータ利活用プラットフォーム「Smart Data Platform」の提供を開始。データ利活用アプリケーション「Apps on SDPF」と合わせて利用することで、データから新たな価値を生み出し、企業のDX化や社会問題の解決を推進するとしています。

 Smart Worldを支えるデータ利活用プラットフォームとして「Smart Data Platform」があり、この2つがNTT Comの戦略の両輪となります。

 この「Smart Data Platform」という新しいプラットフォームを取り入れることによって、企業のビジネスは、導入前と比べてどのように変わるのでしょうか? そして、DX化が進むことで、どのような世界が形成されていくのでしょうか? NTT Comの池上聡氏と爪長美菜子氏に話を聞きました。

気になる見出しをクリック

欧米に比べてデジタル化が遅れている日本を変えたい

 冒頭でふれたように、NTTグループの中期経営計画「Your Value Partner 2025」では、事業活動を通じて社会的課題の解決のために、Smart Worldを実現することで、持続可能な社会や、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する、というビジョンが掲げられています。

 NTT Comでも、Smart Worldを実現するために、「企業のDXに貢献するDX Enablerになる」という方針を明らかにしています。

 しかし、なぜSmart Wolrdを実現するために、NTT ComがDX Enablerになる必要があるのでしょうか? 池上氏はその理由として、日本の成長の鍵がDXにあることを指摘しました。

「NTT Comではかねてより、日本企業のデジタルビジネスに対する取り組みが、欧米に比べて遅れていることを問題視していました。お客さまの関心事がDXへ進む中、我々がご支援するICTも変わっていかないといけないと思います。当社が企業のDX導入をサポートし、促進することは、社会的課題の解決や社会の持続的成長にもつながっていき、ひいてはSmart Worldの実現にもつながっていきます」

 一方で爪長氏は、市場のニーズとしてもDXが求められていることに言及しました。

「企業がICTに期待しているものが、従来からは変わってきていると強く感じています。これまでICT導入の検討の中心は情報システム部門でしたが、昨今はそれに加えて、DX推進を目的とする部門が立ち上げられ、ビジネスプロセス改善や新規ビジネス創出を目的としてAI/IoT等のICTの導入を検討するケースが多くなってきています」

 爪長氏はさらに、企業のDXを推進するためには、パートナー企業と共創していくことが重要だといいます。

「企業が自力でDXを取り組むには限界があると感じています。NTT Comでは、DX Enabler、まさにDXにおける先導役として、お客さまやパートナー企業とともにアジャイル手法で検討し、単なるITシステムの更改ではなく、新規ビジネス創出への貢献を目指しています」

 NTTグループが一丸となって実現を目指す未来像が、Smart Worldです。Smart Worldは、デジタルトランスフォーメーションの実現によって社会的課題が解決され、企業や社会の持続的成長が達成された未来の世界を描いています。

 このSmart Worldの中でも、NTT Comでは、具体的に7つの重点領域を定めました。その7つとは、「Smart City(都市)」「Smart Factory(工場)」「Smart Education(教育)」「Smart CX(Customer Experience=顧客体験)」「Smart Health Care(健康)」「Smart Mobility(自動車など乗り物全般)」「Smart Work Style(働き方)」です。

「具体的な取り組みを挙げると、たとえばSmart Factoryの領域では、“技術・技能伝承のサポート”が進みつつあります。

 近年、日本では人手不足が社会的課題となっていて、特に製造業では、団塊世代の大量退職が迫る一方、将来を担う若手が少なく、技術・技能伝承が進まないといった事態が発生しています。その課題を、デジタルの力で解決できるよう取り組んでいます」(爪長氏)

続きを読むには会員登録が必要です

見出しに戻る

なぜ新しいプラットフォームはデジタル化が推進できるのか?

いずれ到来する「Smart World」に適応するために

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

2019.10.02

IoTを活用してビジネス価値を創造する第3回

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

2019.08.23

デジタルトランスフォーメーション最前線第2回

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

CDO討論会「日本の経営者は、DXへの切迫感がなさすぎる」

2019.08.09

デジタルトランスフォーメーション最前線第1回

CDO討論会「日本の経営者は、DXへの切迫感がなさすぎる」

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第23回

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第22回

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

「2025年の崖」を飛び越える鍵は“データの連携”にあり

2020.01.22

これからの時代に求められるデータ利活用第2回

「2025年の崖」を飛び越える鍵は“データの連携”にあり

全米最高のCDOが語る「CDOのミッションとDX成功の秘訣」

2020.01.22

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第27回

全米最高のCDOが語る「CDOのミッションとDX成功の秘訣」

データガバナンスや組織改革、4人のCDOが語るDXへの取り組み事例

2020.01.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第26回

データガバナンスや組織改革、4人のCDOが語るDXへの取り組み事例

いまさら聞けない、RPAの“基本”の話

2020.01.08

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある第20回

いまさら聞けない、RPAの“基本”の話

イチローが語る! 引退試合の裏側とNTTが描く「スマートスポーツ」への期待

2019.12.27

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第25回

イチローが語る! 引退試合の裏側とNTTが描く「スマートスポーツ」への期待