NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DX時代のITインフラに、「SD-WAN」が欠かせない理由とは
2019.05.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第14回

DX時代のITインフラに、「SD-WAN」が欠かせない理由とは

著者 Bizコンパス編集部

もう一つの課題「帯域不足」は、SD-WANによるローカルブレイクアウトで解消

 データセンター上にインターネットゲートウェイを構築し、各拠点からクラウドや各種Webサイトへの「トラフィックの集約」は、現在多くの企業が行っています。しかしトラフィックが増加するとデータセンターと拠点を結ぶ「ネットワークの帯域が圧迫される」難点があります。

 SD-WANを用い、データセンターと各拠点をつなぐネットワークの帯域不足の課題を解決した実例を説明したのは、NTT Comの小松功武氏です。

 小松氏は、データセンターと拠点間の帯域の消費を抑える観点から「SD-WANを用いたローカルブレイクアウト」について説明しました。この実例において、ポイントとなったのは、IPoE方式を採用した回線の採用です。NTT Comが提供するIPoE方式のインターネット接続サービスは、フレッツ網とOCNの接続設備の大容量化によって混雑を緩和し、通信品質の向上を図っているほか、個人ユーザーと法人ユーザーでトラフィックを完全に分離していることも特長です。

IPoEを活用した通信経路

 小松氏は「IPoE方式の高速な通信回線を2本敷設し、トラフィックの内容に応じて使い分ける構成としたことで、従来よりもスムーズに通信できるようになりました。お客さまには、社内サーバーにあるファイルへのアクセスが非常に早くなったと喜んでいただいています」と、その導入効果を説明しました。

 SD-WANを適用することで、トラフィックの可視化が可能になったことも導入効果の1つとして挙げられました。小松氏は「あるタイミングで通信速度が低下したといったとき、多くのユーザーがテレビ会議を行ったから、あるいはWindows Updateが実行されたからなど、その原因をすぐに調べることが可能です」と、具体的なメリットを説明しました。

SHARE

関連記事

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

2019.03.15

ビジネススピードを加速するIT基盤第19回

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

2019.04.05

セキュリティ対策に求められる新たな視点 第3回

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

日立製作所がSD-WAN導入でめざすネットワーク構想

2018.02.08

ビジネススピードを加速するIT基盤第10回

日立製作所がSD-WAN導入でめざすネットワーク構想

どう使う?「SD-WAN」活用術をユースケースで解説

2017.02.22

乗り遅れるな!2017年、見極めたいICTの大波第3回

どう使う?「SD-WAN」活用術をユースケースで解説

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

2020.10.30

DXを加速させるITシステムの運用改革第31回

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

ニューノーマル時代は、時と場所を超えたコミュニケーションが定着する

2020.07.08

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第1回

ニューノーマル時代は、時と場所を超えたコミュニケーションが定着する

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

2020.04.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第21回

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

「2025年の崖」を飛び越える鍵は“データの連携”にあり

2020.01.22

これからの時代に求められるデータ利活用第2回

「2025年の崖」を飛び越える鍵は“データの連携”にあり