NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説
2019.04.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第12回

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

著者 Bizコンパス編集部

学校の授業が一変!? AIが黒板に文字を書く

 もうひとつ、AIの実践的な活用例としてユニークだったのは黒板メーカーである株式会社サカワと中西氏のグループが共同開発した「Josyu(ジョシュ)」です。これは先生の声をデータ化してAIが解析、授業に生かしていくというソリューションです。

授業AIアシスタントJosyu(ジョシュ)のデモシーン

 このJosyuを使うと、先生が話した言葉がすべて音声認識されて黒板上に表示されるほか、キーワードが黒板の右に羅列されます。たとえば「徳川家康が関ヶ原の戦いに勝ち、1603年に江戸幕府を開きました」と話すと、「徳川家康」や「関ヶ原の戦い」「江戸幕府」といった言葉がキーワードとして抽出されるというわけです。このキーワードの中からいずれかを選択し、徳川家康であれば「豊臣秀吉」など、関連するキーワードを表示、さらに人物であればその人物画を表示するといった機能もあります。

「Josyuを使えば、先生が話している内容を用いて黒板の内容を作ることができるほか、授業のデータをすべて保存することもできます。こうしたツールを活用すれば、学校の授業自体も変わっていくのではないでしょうか」

 このようにAIの活用事例をいくつか解説した中西氏は、最後に「少し前までのAIは、さまざまなデータを統合し、そのデータの表す事象間の相関を見出す『データ統合』、そしてデータから要因や重要な点を抽出する『特徴選択』といった認識に重点が置かれていました。今後はそこから踏み出し、与えられたデータが何を表しているかを読み解く『文脈理解』、さらにはデータをもとに新たな『コンテンツ生成』に進んでいくでしょう」と語ります。

認識から文脈理解、創造性へ

 現在、AIの適用領域は確実に広がりつつあり、少し前までは想像できなかった用途でも使われるようになっています。デジタルトランスフォーメーションをさらに進めていくためにも、このようなAIの最新動向をキャッチアップし、自社のビジネスへの適用を積極的に考える取り組みを進めるべきでしょう。

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

SHARE

関連記事

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

2019.01.16

問い合わせ件数増加による応対コスト増の課題を解決

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

ディープラーニングとGPUが、社会を変えるAIを作り出す

2018.11.16

GPUで切り拓くAI時代のビジネス最前線第3回

ディープラーニングとGPUが、社会を変えるAIを作り出す

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

2018.12.07

AIを活用して小売をサポートするビジネスモデル

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

2018.10.19

「最先端AI」で業務効率化する方法前編

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す