NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説
2019.04.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第12回

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

著者 Bizコンパス編集部

AIを活用して会議の生産性を高める

 このように紹介されたAI事例の中で、興味深かったのは中西氏自身が携わったという株式会社イトーキの「考える会議室」というソリューションです。まず会議の対話内容から抜き出したキーワードを分析し、会議の主要な内容を話していたか、それともこれまで話していない内容かをそれぞれ「代表度」と「発散度」という指標で表します。これによって得られた指標から、会議の時間を「停滞」「探索」「深掘り」「合意形成」のいずれかに切り分けるということが行われました。

 この分析において、中西氏は停滞から探索、深掘り、そして合意形成のプロセスが繰り返される会議は集中して進められていると判断できるとします。一方、問題があるとしたのは合意形成ばかりや探索ばかりなど同じプロセスだけ合意形成ばかりが繰り返される会議です。

「例えば、合意形成ばかりしている部分を確認すると、同じ話が繰り返されていることがわかりました。つまり生産的な会議とは言えない状況になっているわけです。そうした状況に陥った際、そろそろ会議を切り上げたらどうでしょうとアドバイスできれば会議の無駄を省けるでしょう」

 さらに中西氏は私見であると断りつつ、ロボットを使うアイデアを披露します。

「AIを使って分析し、会議を切り上げるべきだと判断されても、その場で実際に『そろそろ会議を終わりにしませんか』とは言いづらいでしょう。そこでロボットを置いて、代わりにロボットが会議の終了を提案する。それによって生産性を上げられるんじゃないかと私は考えています。このように会議を科学するのは、これから非常に面白い試みになるかもしれません」

SHARE

関連記事

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

2019.01.16

問い合わせ件数増加による応対コスト増の課題を解決

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

ディープラーニングとGPUが、社会を変えるAIを作り出す

2018.11.16

GPUで切り拓くAI時代のビジネス最前線第3回

ディープラーニングとGPUが、社会を変えるAIを作り出す

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

2018.12.07

AIを活用して小売をサポートするビジネスモデル

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

2018.10.19

「最先端AI」で業務効率化する方法前編

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由