NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!
2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

著者 Bizコンパス編集部

DX先進企業が課題として挙げる“データの非有効活用”

 このようにデジタルトランスフォーメーションと情報システム部門の関係について説明した寄藤氏は「情報システム部門は古いITを運用する過去の組織で、“レガシー”になりつつある。そういった見方をしているデジタル関係者は多い」と述べます。

 しかし、ITとデジタルが個別のものとして扱われ、情報システム部門とデジタル推進部門、あるいは事業部門が個別に投資を行えば、データの利活用やインフラの構築が個別最適となり、新たな問題が生じかねません。実際、デジタルトランスフォーメーションに積極的な企業ほど、個別最適を問題視していると寄藤氏は説明します。

「他社よりデジタルトランスフォーメーションが進んでいると考えている、半数以上の企業が課題として挙げたのは『組織をまたがるデジタルプロジェクトの統合』でした。おそらく、先進的な企業はマーケティングや営業など、さまざまな領域でデジタルプロジェクトが進められています。そういったプロジェクトが増え、結果として部分最適になってしまっているのです。本当はプロジェクト同士が連携することでもっと価値を生み出せるのではないか、あるいは投資の無駄が生じているのではないかといった課題を感じているのではないでしょうか」

DX推進企業では、DXプロジェクトの全体最適が課題となる

 さらに寄藤氏は、業務部門が独自にIT予算を持って執行することについての課題について尋ねたアンケートの結果を紹介しました。

「デジタルトランスフォーメーションを全社戦略テーマとしてすでに実践している企業では、『データの社内散在による非有効活用』を課題として挙げた企業の割合が高くなっています。つまりデジタル先進企業は、データを活用するという意識が高く、デジタル関連のプロジェクトを進める上でデータをうまく使えないのはもったいない、そういった気持ちが生まれているのではないでしょうか」

DX先進企業ほど、データの非有効活用への懸念が大きい

SHARE

関連記事

デジタル化推進プロジェクト、IT部門は何をすべきか

2017.05.26

エバンジェリストに聞く!これからのクラウド戦略

デジタル化推進プロジェクト、IT部門は何をすべきか

ビジネスリーダー500人に聞く!DXへの取組み実態

2017.06.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第1回

ビジネスリーダー500人に聞く!DXへの取組み実態

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

2018.12.21

複雑化するマルチクラウド環境をどう構築すべきか

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

“攻めのIT”を実現する「Cloud Foundry」解説

2017.10.13

ビジネススピードを加速するIT基盤第6回

“攻めのIT”を実現する「Cloud Foundry」解説

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

2020.11.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第13回

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

2020.11.26

IT&ビジネス最新ニュース第82回

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革