NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!
2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

著者 Bizコンパス編集部

DX推進プロジェクトでの情報システム部門の“厳しい立ち位置”

 このデジタルトランスフォーメーションにかかわるプロジェクトを立ち上げた際に中心となって推進するのはどういった部門でしょうか。IDC Japanが公表したアンケート結果によれば、最も多かったのは社長/CEOやCDO(Chief Digital Officer)直轄のデジタル専任部隊で、デジタル専任の子会社/関連会社と併せると約28%の企業がデジタルトランスフォーメーションのための専属組織を立ち上げています。

誰がDXを推進しているのか

 このアンケートで注目したいのは情報システム部門/情報システム子会社と回答した企業が13.1%にとどまっている点です。組織横断的なプロジェクトチーム(17.7%)や既存の事業部門内(17.4%)よりも低い結果となりました。

「ある総合商社では、10年先、20年先を見据えた投資に対するリターンの予測にAIを使うというプロジェクトを進めていますが、開発を担っているのはAI系のスタートアップ企業でした。私が『情報システム部門と一緒にやらないのですか』と聞くと、こういった新しい取り組みでは情報システム部門ではなくベンチャー企業などと組んで、自分たちで進めるケースが非常に多いとのことでした」

 さらに寄藤氏は「現時点で情報システム部門に期待するのは、ユーザー部門が必要とするものを過不足なく作ってくれることであり、何か新しいものを提案してほしいとは思っていない」「情報システム部門の役割は決まっていて、事業部門との距離感もある。ベンダーと事業部門とのつなぎ役が現在の位置づけ」などといったユーザー企業の言葉を紹介します。

 さらに、デジタルトランスフォーメーションにかかわるシステムを構築した後、その運用だけを情報システム部門に任せることも多いと指摘しました。

「これは中堅の小売業の話ですが、デジタルマーケティングのプロジェクトが始まり、さまざまな部門が集まってチームが結成されたのですが、そこに情報システム部門はまったく絡んでいません。そのプロジェクトでデジタルマーケティングのためのシステムが構築された後、チームは解散して情報システム部門は運用だけが任されたといいます。新しいシステムを事業部門などで開発しても、運用は組織横断のプロジェクトチームやデジタル推進部門では手に負えないため、情報システム部門に丸投げされるケースは多いようです」

SHARE

関連記事

デジタル化推進プロジェクト、IT部門は何をすべきか

2017.05.26

エバンジェリストに聞く!これからのクラウド戦略

デジタル化推進プロジェクト、IT部門は何をすべきか

ビジネスリーダー500人に聞く!DXへの取組み実態

2017.06.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第1回

ビジネスリーダー500人に聞く!DXへの取組み実態

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

2018.12.21

複雑化するマルチクラウド環境をどう構築すべきか

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

“攻めのIT”を実現する「Cloud Foundry」解説

2017.10.13

ビジネススピードを加速するIT基盤第6回

“攻めのIT”を実現する「Cloud Foundry」解説

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?