AWSやAzureといったパブリッククラウドの活用が本格化するに伴い、セキュリティやコンプライアンスの観点から、インターネットではなく、安全な閉域接続で利用するケースが増えています。アマゾン ウェブ サービス (AWS)の「AWS Direct Connect」や、Azureの「ExpressRoute」といったサービスを利用するのが一般的です。

 ところが、この閉域接続において「構築時に接続できない」といったトラブルや、運用開始後に「ある日突然つながらなくなった」といった想定外の事態が発生しています。クラウド事業者やネットワーク事業者に問い合わせても、原因がよくわからないケースも多いようです。そのような、まさかの悲劇を未然に防ぐポイントを解説します。

気になる見出しをクリック

クラウドの本格導入で高まる閉域接続ニーズ

トラブル回避の3要素-クラウドとVPNの間に存在する「エアポケット」

3つのよくある失敗例から学ぶ「傾向と対策」

必要なのは、クラウドとネットワークの“仲人”となるパートナー

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード