NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?
2020.03.18

デジタライゼーションの未来形第7回

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

著者 Bizコンパス編集部

「技術」を受け継ぐために、“技術”を活用しよう

 スマートグラスクラウドを導入した結果、日新電機の仕事はどのように変わったのでしょうか。同社 お客様サービス事業本部 工事事業部 電力機器工事部 京都機器工事部 西部機器第2グループ 宇都宮 弘氏によると、現場では歓迎する声があがっているようです。

「たとえば現場の作業員からは『クリアな音声のおかげで、安心感を得られる』『熟練者がそばにいてくれるようで助かる』、社内の指導員からは『現場の様子をなめらかな映像で確認できる』と評判です。特に若手メンバーは、スマートグラスのような新しい技術を歓迎しているようで、使い方を覚えるのも早かったです」

 もともとは現場作業者の育成支援を目的にスマートグラスクラウドを導入した同社ですが、最近ではそれ以外の用途にも使用範囲を広げているようです。

 たとえば、ベテラン社員がスマートグラスを装着するケースです。古い製品の修繕のような特殊な現場に臨む際は、ベテラン社員がスマートグラスを着用し、その作業を若手メンバーが社内で視聴することで、社内でノウハウを共有しているといいます。

 設備を作る際に前もって実施する「現地調査」でも、スマートグラスクラウドを利用しているといいます。従来は現地調査に作業者1人が赴き、1人で調査していましたが、現在は1人の作業者がスマートグラスを着用し、その映像を社内で複数の人間が見ることで、複数の視点による作業精度の向上を目指しているといいます。

 

「他社製品では決められた用途でしか使用できませんでしたが、スマートグラスクラウドでは、導入後のフォローとして担当の方が弊社の課題や使用状況をヒアリングしたうえで、新しい用途を提案してくれました。通信環境や人材、現場など、さまざまな変化に並走して対応してくれる点は頼もしいです」(稲田氏)

 企業がどれだけ自社の技術力に自信を持っていても、それが次の世代に受け継げなければ、せっかく積み重ねた経験が無になってしまいます。もし危機感を抱いているのであれば、「技術を次の世代に伝えるための技術」として、スマートグラスクラウドを検討してみるのも良いでしょう。

 

SHARE

関連記事

スマートグラスで解決!熟練技術者・後継者不足問題

2017.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第5回

スマートグラスで解決!熟練技術者・後継者不足問題

働き方改革で「生産性を下げない」ためには映像活用を

2019.11.15

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第17回

働き方改革で「生産性を下げない」ためには映像活用を

「DX人材」に必要なキャリアとスキルとは?エバンジェリストが解説

2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第11回

「DX人材」に必要なキャリアとスキルとは?エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

2020.11.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第17回

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?