AI、IoTの活用方法として期待されているものの1つに、工場やプラントにおける機器の「故障予知」や「異常検知」が挙げられます。各種センサーからネットワーク経由でデータを収集し、分析することで機器の故障を予知したり、異常を検知したりするというものです。こうしたAIの活用にチャレンジし、大きな成果を生み出している三井化学の取り組みについて紹介します。

【三井化学株式会社について】

 三井化学株式会社は、自動車材料を中心とした「モビリティ」、メガネレンズ材料や歯科材料、紙おむつ用の不織布などの「ヘルスケア」、農薬、包装材料等の「フード&パッケージング」、フェノール、ポリオレフィンなどの「基盤素材」といった事業領域を中核に、近年はエネルギーや農業、医療、IoTなどの新しいソリューションを創出する「次世代事業」にも注力しています

気になる見出しをクリック

グローバル市場で生き残るため生産現場のデジタル化が急務になっていた

ディープラーニング技術により51種類のデータから品質を予測

ガス製品の濃度を高精度平均誤差3%という精度で予測

今後はセンサー類の異常検知・予知保全に向けた可能性も

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード